東洋医学から見る⑳~春から夏の温病


熱が出る時、いつも悪寒がするとは限りません。

いきなり頭がズキズキしたり、喉が赤く腫れあがったりすることも少なくありません。





漢方の処方集・傷寒論によると傷寒”は、寒邪や風邪(ふうじゃ)が体表に取りつくと寒気がする・・というところを発病としています。


体の表面に取りついた物が体内に入り込もうとすると、皮膚の下で抵抗して押し戻して・・・というやり取りの中で起こる不調に対処する方法が書かれています。



『体の表面に取りついた・・』

なんて言うと、心霊現象みたいに聞こえますが、微生物の存在免疫力という言葉がなかった時代ならではの表現でしょう。

温病の症状

一方、温熱論に書いてある温病は、温邪が口や鼻から入り込もうとする時を発病とし、必ずしも寒気を伴うとは限りません。



『体表から寒邪が入り込んでくる』・・というより『口や鼻から何かが入り込んでくる』という方が、現代の感染症のイメージに近いかもしれません。


しかし実際の症状としては、いわゆる”風邪”のようなものばかりではありません。



特に春から夏にかけての温病の症状として特徴的なのは【発疹】

日本の気候だと、この時期は菜種梅雨から本格的な梅雨シーズンなので、”湿病”も出やすい時。


これが同時にやってくると結構厄介。

( ̄д ̄)


温病・湿病それぞれの度合いに合わせて対応が必要になります。