株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで

旬の果物を楽しもう!

なぜなら油脂類は、加工時 および 保存時の酸化を止めることが非常に難しいため

 

健康を維持するために脂質は重要ですが、劣化した脂質では摂る意味がありません。

食べる直前に、新鮮で良質なオイル(亜麻仁油・ごま油・菜種油・オリーブオイル等)を体重に応じてティースプーン1~3杯程度加えて下さい。

牛脂・鶏皮・バターなど、植物性、動物性様々なタイプの脂質をローテーションして下さい。

そのため、最初はすぐに食べないことがございます。

偽物の匂いで刺激された食欲は、健康的とは言えません。

その場合、これまでお使いのフードに少しずつ混ぜ、1週間くらいかけて徐々に切り替えて下さい。

また良質のタンパク質が効率よく摂れるよう、ぬるま湯やお水に浸して与えることをお勧めしています。

(その理由はこちら⇒よくある質問 01

(カリカリとした食感を好むワンちゃんには、そのまま与えて頂いても大丈夫です)

わんちゃんの好みや体調・季節・運動量に応じて、肉の茹で汁ごとトッピングするのもお勧めです。

固ゆで卵やひきわり納豆などは、手軽でありながら質の高いトッピングメニューです。

トッピングの具体的な量やわんちゃんの体質など

食餌について分からないことやお悩みがございましたら、お気軽に

お問合せフォーム←こちらをクリック

よりご連絡下さい。

また、ナチュラルペットフード”春夏秋冬”は健康的なおやつとしてもご好評頂いております。

​わんちゃんの好みに合わせてご利用下さい。

続いて、ベース食材の特徴と必要性をご紹介します。

  • 玄米(つがるロマン)

『お米は犬猫に必要ない』  そう思っていらっしゃる方はいませんか?

お米は、大変消化の良い穀物です。

そのため、我々人間にとってはもちろん、腸の短い彼らにとっても消化が良く、植物性のビタミンやミネラルを効率よく吸収できます。

その消化の良さから、調子を崩した時の食餌の炭水化物源には、しばしば”米”が使用されます。

昨今、”グレインフリー(穀物不使用)”と謳われたペットフードが増えてきましたが、これは穀物の中でも小麦やトウモロコシなどの問題や、アレルギーを示す個体が増えたことから開発された経緯があります。

気候や土壌の違いで、質の高い米がたくさん栽培できない欧米では特別な存在です。

ですから美味しいお米が豊富にある我が国で、これを使わない選択はないでしょう。

”春夏秋冬”は自然豊かで冷涼な気候の為、病虫害も少ない環境に育った”青森県産

つがるロマン”を100%使用。

また一般的に言われている玄米の『消化の悪さ』を解決するため、適切な製法を採用しておりますのでご安心下さい。

  • りんご

『1日1個で医者いらず』とはイギリスの古い諺だそうですが、りんごの健康効果は世界中で研究されています。カリウムやビタミンCが豊富なのは、果物全般に言えることですが

りんごの特徴はアップルペクチンポリフェノールの存在でしょう。

アップルペクチンは水溶性の食物繊維です

またりんごを切ってそのままにしておくと変色するのは、酸化を抑えようとするポリフェノールの働きです。

青森県には真夏に収穫される早生種から一番人気のふじまで、約40種類ほどあります。季節ごとに品種は変わりますが、年間を通して身近な存在です。

 

  • ながいも

古くから滋養強壮に用いられてきた食材です。

デンプン消化酵素ジアスターゼやビタミン・ミネラル類の他、近年の研究でディオスコリンAが元気パワーなのではと言われています。

神経伝達物質セロトニンの働きに欠かせないアミノ酸トリプトファン、脳や細胞膜の構成に必要なコリン、肝臓や筋肉形成に必要な分枝アミノ酸バリンなど、ながいもパワーの秘密が次々と解明されています。

特に分枝アミノ酸は、他のアミノ酸の活性を高めてくれるので、タンパク質豊富な食事が求められる毎日には大切な食材です。

  • ごぼう

煮物や漬物、きんぴらにしたりと昔から親しまれてきた食材です。

欧米では”バードック”と呼ばれ、伝統的なハーブとしてよく用いられています。

またプレバイオティクスとして注目されるイヌリンも含んでんでいます。

 

  • ホタテ

薬膳では、食材の性質を”熱性””温性””平性””涼性””寒性”の5つに分けます。

身体が冷えている時は”熱性”や”温性”の食材を摂り、体の熱を取りたい時は”涼性”

”寒性”のものを摂って症状を改善させる・・という考えです。そしてどの属性でもない食材を”平性”と呼びますが、これは様々な体質の方が多くの場面で使え、大変穏やかな食材です。

ホタテは米やながいもと並び、”平性”食材です。

また魚介類の中でも、タウリン含有量※1はトップクラスです。牛肉や豚肉もアミノ酸は豊富ですが、タウリンは僅かしか含まれません。

エネルギー代謝を高め、ミネラル類を全身へ運ぶのを助けてくれるアスパラギン酸、

コラーゲン構成の1/3を占めるグリシンの他、コハク酸・グルタミン酸・イノシン酸・アラニン等旨味成分にもなるアミノ酸がたっぷりです。

そして亜鉛が2.7㎎(100g中)※2も含まれるので、毎日少しずつコンスタントに補給したい食材です。

※1 季節によって変動する。冬場は100g中1000㎎程度

※2 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

 

  • ​納豆

大豆は”畑の肉”と称されるように、良質のタンパク質をふんだんに含みます。

それを発酵させることで、大豆のタンパク質はアミノ酸に分解され、脂質も消化が良い状態になります。

また納豆菌が産出する酵素ナットウキナーゼを始め、納豆パワーは是非取り入れたい食品です。

 

昔は赤痢・コレラなどが流行ると納豆がよく食べられていましたが、これは納豆菌に含まれるジピコリン酸の働きが関係していたと言われています。

春夏秋冬では、青森県産大豆を納豆菌だけで完熟発酵させた伝統的な製法を守る

青森納豆 かくた武田 の納豆を使用しています。

発酵を促進するための添加物はもちろん不使用。納豆パワーを最大限に取り入れられるよう乾燥温度にもこだわっています。

◎2017年8月29日 TBS系列 ”マツコの知らない世界”でかくた武田のひきわり納豆が紹介されました!