ヒューマングレードの鶏肉


う~ん、、、やっぱりというような事故が起きてしまいました。

信頼あるコミュニティで販売されていたササミ肉を使用した犬猫用のおやつ。

その商品からサルモネラや大腸菌が検出され、令和元年8月19日現在の報告では、健康被害68匹、死亡14匹。

サルモネラは夏場に出やすい食中毒ですが、このササミおやつは昨年11月に製造されたもので、最初の報告は今年の1月~2月だったとのこと。

感染ルートはまだ判明していないようですが、サルモネラは低温にも乾燥にも強い菌です。

だから冷凍したり、低温乾燥では安心できません。

逆に高温には弱いので、中までしっかり火を通せば問題ありません。

ただ近年の傾向として加工現場より、大量に効率よく鶏をさばく現場で菌が付着しやすい環境が気になっていました。

大腸菌数は発表されていませんが、下痢・嘔吐・血便という定番症状なので、強毒性の型ではなかったといえ、サルモネラの影響があったのは間違いないと思います。

ただ、下痢や嘔吐した全ての個体の原因が、このおやつだったと断定するのも難しいところです。

高齢や持病で免疫力が落ちていれば、常在菌として共存していたような菌に負けてしまうこともあります。

また下痢や嘔吐は季節的な原因やストレス等で起こることもあり、冬場ホットカーペットや暖房器具のそばに保管していたペットフードにカビが繁殖して中毒を起こしたケースも見たことがあります。

サルモネラは2菌種、6亜種、血清型は2500種以上ありますが、胃腸炎を起こすような菌種は亜種Ⅰのグループだけで、その他は非病原性と考えられています。(もちろんいつ、どう変異株を作るか分かりませんが)

そのため自然界のあらゆる所に存在しているのに、そうそう悪さをしません。

犬猫を含めて亀、トカゲなどペットとして飼われている動物も保菌していることは珍しくありませんが、牛・豚・鶏などの腸内にも常在菌として住み着いています。

よく鶏卵によるサルモネラ食中毒が発生するのは、糞に住み着いている菌が入り込んでしまうから。

新鮮かどうかは、実はあまり関係ないんですね。

たまにTVで鳥わさ(鶏のお刺身みたいなもの)なんかを出す店を取り上げて

『毎朝仕入れた新鮮なものしか使わないから安心』

と紹介されることもありますが、

『どうかな?』

と思う時があります。

一部の地鶏やかなりこだわっている工場は別として、一般に鶏は〆た後、業界用語で『ドブ漬け』という処理をします。

羽を取りやすくするために、ぬるま湯の中に〆たばかりの鶏をポンポン投げ入れていくんですね。

そのぬるま湯プールは、鶏の糞や汚れでドブ色な上、ぬるま湯だから匂いもひどい。

しかしそこに暫く漬けておけば、羽をむしりやすくなるから、手間と時間短縮になる。

手間&時間短縮

経費削減

効率の良い工場運営

小売価格が下がる

一見良い流れのように見えます。

毎日の食卓を預かる主婦にとって、”安い”というのは魅力ですが、あの光景を見たら『多少価格が上がっても違う方法にして欲しい』

と思う方が少なくないと思いますが・・・。

”ヒューマングレード”と言われる食材の処理方法がこんな状況です。

様々な現場を知るほど

『ヒューマングレード』

とか

『ISO取得工場で加工してます』

という看板だけでは選べないと感じました。

余計な添加物を使わず、でも安全に加工するには自分たちの技術を上げることが必須です。

しかし同時に素材(野菜・肉)の育て方はもちろん、処理方法にまで確かめないと信用できない時代になってしまいました。

『食中毒を出さないため、徹底した衛生管理をしています』

と言われても、実際の手法を見ると肉を次亜塩素酸(いわゆる台所用漂白剤成分です)に漬けておくような方法では使いたくありません。

・・というより食べたくない!

自分が食べたくないと感じるようなものを、家族に食べさせたいという人はいるでしょうか?

食中毒が心配だからって、キッチン〇イターで、野菜や肉を漬けておくお母さんいるかな?

「なんでそこまでこだわるの?」

とか

「面倒な人たちだなあ」

と言われますが、そういう時は逆にお尋ねします。

「これ、毎日家族に食べさせています?」

不思議なことにその答えのほとんどは以下の2パターン。

①無言になる

②「うちは違法なことはしていない!」とキレる

法律の範囲内かどうかの問題ではないと考えています。

ちなみに今回のおやつの事故は、

『ペット用おやつなので食品衛生法は適用されない』とのこと。

ペットの食餌を含めて、食品の安全管理の方向性が、どこかおかしいと感じるのは私だけでしょうか?

#手作り食 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #犬 #シニア犬 #食餌悩み #猫 #シニア猫 #微生物 #鶏肉 #サルモネラ #ヒューマングレード

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで