カロリー神話


20年くらい前までは、カロリー神話全盛だった栄養管理。

ただすでに1990年頃には、欧米では

「カロリーで管理するのって、あまり意味ないかも?」

という説がちらほら出ていたのは確かです。

そもそもよくパッケージの裏に書いてあるカロリーって、どうやって算出していると思いますか?

簡単です。

タンパク質と炭水化物は、1gあたり4㎉。

脂質は1gあたり9㎉をかけるだけです。

ちなみに犬猫の場合は、タンパク質・炭水化物は1g/3.5㎉。

脂質は1g/8.5㎉と計算します。

実際に物質を燃やして測る方法もありますが、食品やフード類は、ほぼこの『重さ×カロリー』の机上計算が採用されていると思います。

そしてその元となる、例えばタンパク質量は、どう算出しているかと言うと・・・

これは窒素量を計り、そこに一律6.25をかけて出します。(一部食品の特性によって若干補正する場合もあります)

牛肉に含まれている窒素も、化学肥料、鶏のフンの窒素も、窒素は窒素。

事件性でもない限り、通常食品分析でDNAまで調べることはしませんので、どんなものに由来する窒素なのかはまず分かりません

しかしとにかくそうして算出されたタンパク質量に人間用なら4㎉、犬猫なら3.5㎉を掛けてカロリーを出しています。

計算方法に根拠がないわけではありませんが、意外とざっくりしたものなのです。

だからあくまでも”目安”にして下さいね。

また昨今、悪者にされている炭水化物。

炭水化物=糖質ではありません。

炭素=carbon

水=H2

二時間ドラマに出てきそうな、謎のダイニングメッセージじゃありませんが、一番左の文字を縦に読んで下さい。(^_^;)

つまり炭素と水素と酸素で構成されたものが、炭水化物です。

炭と水が化けた物!

健康に良いと言われる食物繊維も、炭素(C)と水素(H)と酸素(O)で構成されているので、これも炭水化物に含まれています。

もちろん砂糖やでんぷんなども、C、H、Oが連なっているので、これも炭水化物の一種ではありますが、全てではないんですね。

だから『炭水化物5g』と言っても『糖質5g』とは限らないのです。

例えばライ麦パンとスポンジケーキは、100gあたりの炭水化物量はほぼ一緒です。

しかしライ麦パンはスポンジケーキに比べ、食物繊維は7倍もあります。

この二つはタンパク質量もほぼ同じくらいなので、必然的にカロリーもあまり差はないですが、長く食べ続けたら健康に差が出てくるのは当然でしょう。

(まあ、スポンジケーキを毎日欠かさず食べる人はあまり多くないでしょうが、菓子パン類と材料構成は似ています)

あのダイヤモンドだって、しょせん炭素(C)ですから。

ただ炭素の並び方が、めちゃくちゃ綺麗です。

最近人気のカラーダイヤモンドは、結晶の軽いゆがみでピンクに見えたり、炭素に窒素(N)とかホウ素(B)なんかがくっついて、イエローやブルーなどのカラーに見えます。

世の中の物質を化学記号化しちゃうと、意外とあっけないですね。

なんか夢のない話になってしまいましたが、これが化学分析の限界と言えるかもしれません。

だからこそ、私たちは原料の出処を重視しています。

「もうちょっとタンパク質の数値を上げたい」と思っても、単純に魚を足せば上がるものではありません。

もちろん魚には、良質のタンパク質が含まれますが、同時に脂質も炭水化物も灰分(ミネラル類)も存在します。

魚の量を増やしたからと言って、単純にタンパク質(=窒素)の比率だけを増やすことはできないのです。

#手作り食 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #犬 #シニア犬 #食餌悩み #動物栄養学 #栄養素