ワンヘルス


今年(平成29年10月24日付)農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課長より、日本獣医師会会長宛に、一通の通達がありました。

それは世界的に増加している薬剤耐性菌による感染症対策について、以前より(平成25年12月24日通達)抗菌剤の使用には慎重であるように・・という考えを示してきましたが、このほどさらに使用者(畜産農家や獣医師)に啓蒙と理解を求めるという内容でした。

この通達を受け、日本獣医師会は、11月9日付けで全国の地方獣医師会に向け

『抗菌剤の 慎重使用に関する基本的な考え方について更なる普及・啓発・徹底を図ること 』

そして『普及・啓発活動の一環として、薬剤耐性 対策の取組をして実際に成果を上げている事例等の情報収集を求める』という文書を出しました。

これは近年、日本医師会と日本獣医師会が共同で取り組んでいる

人と動物の健康を一緒に考える(ワンヘルス)

という新たなプロジェクトの中でも緊急かつ重要課題の一つとして挙げられています。非常に画期的なことで、期待感いっぱいです。

欧米では、すでに動物の手術技法が人間に転用されたり、逆に人間の治療が動物用にアレンジして行われることが盛んになってきており、人間・動物双方の医療者が一緒に研究していくことで、多くの成果を生んでいます。

そんな中で、鶏・牛・豚などの家畜に抗菌剤を乱用することで新たな感染症(細菌性・ウィルス性ともに)が発生し、人間の健康にも影響を与えている可能性が指摘されています。

そういった家畜類を食べた時の影響だけでなく、例えばその家畜の糞を堆肥にした場合でも強烈な細菌が生き続け、その堆肥で育てられた野菜に付着。それが原因で、ある種の食中毒が起きているのではないか・・と推察されているものもあります。

農場や牧場の安全管理に、一定量の抗菌剤使用は不可欠です。

ただ量や回数が増えれば家畜にとってもより安全・良い結果を生むというわけではありません。ましてや病気の予防になるとは言えないのに、未だ誤解した使い方をしている現場があるようです。

近年、犬猫の肉アレルギーも増えていますが、肉そのもののアレルギーの他にそこに残留している抗生物質等のアレルギーも相当数いるのではないかと推察しています。

確かに現代の経済至上主義で生き抜くためには、安く、大量の物を供給するシステムが必要でしょう。しかしそれが自然環境に左右される農産物であっても、生き物である家畜たちであっても同じように扱われるようになったため、何か大切なものが置き去りにされているような気がしてなりません。

徹底した合理化をはかり、いかに安く、いかに大量に作ることが評価される昨今、醤油や味噌といった伝統的な調味料でさえ、原材料欄を見ると

「これが醤油?」

「これを味噌と言っていいのか?!」

というような物もしばしば見かけます。

生まれた時から、このようなものを”醤油””味噌”だと育ってしまったら、時間と手間をかけて作った本物の醤油・味噌の価値を知る機会が失われます。

そして気づいた時には、本物を作れる生産者がいなくなっていて、本物を知る機会は永遠に失われます。

こうなると結局、一番被害を被るのは消費者です。

確かに収益事業において、無駄を省くことは大切ですが、安さを追及するために本来の意味を忘れてしまっては本末転倒ではないでしょうか。

肉類から得られる動物性蛋白質は、私たちとペット達の健康に大切です。

特に一段と寒くなるこの時期に、体を温めてくれる鶏肉はこまめに取り入れたい食材の一つです。

しかし健康であるために頂く鶏肉は、やはり健康に育った鶏でなければ意味がないと考えています。

#手作り食 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #微生物 #食餌悩み

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで