幻の抗がん剤(玄米の底力)


いまや2人に1人がガンに罹り、3人に1人がガンで亡くなる時代。

ガンに限らず病気に罹ると、まず本人の肉体的・精神的負担は計り知れません。ましてや高額な治療や薬が必要になる病気だと、医療費の負担も重くのしかかります。

最近高額の新薬が医療費を圧迫していることが報道され、国としても色々な対策を考えているようですが、一足先に同じような経験をした国があります。

1970年代に入り、アメリカは生活習慣病やガンが急激に増え始めました。

1975年にベトナム戦争が終結する頃には、医療費は国の予算を圧迫するほどになり、政府は危機感を持ちます。

そこで当時のフォード大統領は、マクガバン上院議員を委員長に栄養問題特別委員会を発足させました。

この調査は、アメリカのみならず世界中から広い分野の専門家を招き、食生活と健康状態の相関性を分析しました。

この調査は2年にも及び、アメリカ政府の依頼に応じて資料やレポートを提供した専門家だけでも3000人以上。完成した報告書は5000ページにもなりました。

この報告書が『マクガバンレポート』と呼ばれ、40年前に作成されたにも関わらず現代日本が直面している問題解決のヒントが多く見られます。

冒頭、マクガバン委員長は

『ガン、心臓病を始め多くの病気が増えている。最新とされるアメリカの医学を活用し、巨額の医療費を注ぎ込んでいるのにアメリカ国民の病気は増えるばかり。この原因を解明し根本的な対策を立てないことには、アメリカは病気で滅んでしまう。何か重大なことを見落としているのではないか。現代医学が進歩していると考えること自体も間違っていたのではないか』

と極めて重要な問題提起をしています。

”感染症や伝染病ではなく、食事や栄養の歪みによって病気になる”ことを公の場で初めて明言した意義もとても大きいと思います。

(これは犬猫の死因の1位がガンになった今、人間だけの問題ではなくなっています。

特に犬の死因の54%はガンで、2位の心臓病17%を大きく引き離しています)

このレポートが発表された後、1982年にアメリカ国立科学アカデミーは『食と栄養とガン』という研究報告書を作成し、”食生活の改善はガン予防につながる”と明記したことにより、世界中が食事や栄養の重要さを認識する決定打になりました。

これら二つの大きなレポートを発信したアメリカでも、80年代はまだガンは微増し続けました。

しかし90年代に入り、罹患率・死亡率共に減少に転じています。

食生活というのは一朝一夕に変えるのは難しいですし、変えたところですぐに効果を感じるわけではありません。