栄養素と免疫(ビタミンA編)


今日は冬至ですね。

寒くなると、かぼちゃが美味しく感じます。

かぼちゃの煮物・ポタージュ・グラタン・・・

ほっくりした味もさることながら、あのオレンジがかった黄色の見た目も、温かさを感じるからかもしれません。

あの黄色い色がβーカロテンと呼ばれるもので、人や犬の体内で、レチノール(=ビタミンA)に変換されます。

猫は変換する酵素を持ってないため、レバーやうなぎ・あなご・銀だら(高級食材ばっかり!)など動物性のものから直接ビタミンAを摂取する必要があります。

ここで一つ目の問題。

βーカロテンは、体が必要とした時に、必要量をビタミンAへ変換していくことができます。

そのため現時点※では、過剰症は起こらないと言われています。

(※この先研究が進んで違う事実が判明しないとは言い切れないので、あくまでも2016年12月時点で)

ところがビタミンAは、過剰症に気を付ける必要があります。

ビタミンAの過剰症には急性症状と慢性症状があり、急性症状は脳せき髄液の圧力が上昇して、頭痛・めまい・吐き気・顔面の浮腫などが起こります。

慢性症状としては、頭蓋内の圧力が高くなったり、皮膚がポロポロ剥がれる・脱毛・筋肉痛・関節痛・肝機能障害などが起こります。

頭痛や筋肉痛といった症状は、割と身近なのでつい見逃しがちですが、せき髄液や頭蓋内の圧力が高くなることによる諸症状と知ると少し怖いと感じる方もいるかと思います。

ことに犬猫となると、皮膚の状態や脱毛、歩き方がおかしいなどの症状が出ないと気づけないことが多いと思います。

そして仮に症状が出ていても、似たような症状が出る疾患はたくさんあります。中には緊急を要するものもありますので、すぐその場でビタミンAの過剰症が原因であると診断されることはあまりないと思います。

ここで二つ目の問題。

ビタミンAは、もちろんそれ自体安全です。

ないと困ります。

ただ、高濃度のビタミンA+銅、高濃度のビタミンA+鉄あるいは治療に必要な大切な薬など

高濃度のビタミンAが同時に存在すると肝臓に毒性を示す物質が多く存在することが問題です。

特に薬の副作用は常に注目され、注意を払うことは多いと思います。しかし薬そのものではなく、飲み合わせで副作用が出るケースも、是非頭の片隅に置いて頂けたらと思います。

適正量であれば、免疫機能の維持、上皮細胞(口、喉、鼻の粘膜や皮膚など)の健康を維持して傷やウィルスから守ってくれるビタミンA。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとし・・の典型です。

#春夏秋冬 #青い森工房 #栄養素 #免疫 #食餌悩み #ペットフード

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで