お問い合わせから②(サラダ油はどうしてダメなの?)


ペットフードだけでなく、私たちが口にする加工食品でも良く目にする”植物油”

一言に”植物油”といっても本当にピンキリで、ひとまとめに語るのは難しいのですが、

お問い合わせの中に

「サラダ油は何でダメなんですか?」

「コレステロールゼロのキャノーラ油はダメですか?」

「●〇油はいいですか?」

というようなご質問が増えて参りました。

油について、ご興味を持って頂けたのは、大変嬉しく思います。

脂質は細胞形成において、欠かせない重要な成分です。

今回はいわゆるサラダ油とかキャノーラ油・大豆油のような名前で、1L¥500くらいで(特売の日なら¥298とか!)どこにでも流通している”植物油”について書きたいと思います。

このような植物油は、まず大豆や菜種・トウモロコシなどを砕いて粉状にします。

その粉をギューーッと絞って油を採っている・・とイメージしている方も多いと思いますが、実際はヘキサンという有機溶剤を使って粉状のものから、油を溶かして抜き出しています。

この時点で、二つの懸念事項があります。

①ヘキサンは、灯油の成分

②ヘキサンに溶かした油から、ヘキサンとその匂いを飛ばすために250℃の熱をかける

食用油に灯油が残っていたら、危険ですから、確実に飛ばさなくてはなりません。

ヘキサ