犬種別かかりやすい病気~M.シュナウザー編


賢い!明るく活発なミニチュアシュナウザー

小型犬のなかでは長寿の犬種です。


そして瞬時の自己判断が求められる使役を担ってきたため、ポインターやレトリバーといった他の賢い犬種とは違った賢さをもっています。


主に家畜を守るためにネズミなどの小動物を追い払う仕事をしていたため、追い詰める体力や追い払う吠え声も持ち味です。


仕事柄、人の指示に忠実に従うというより、自分の判断を大切にします。

そのため人間から見ると、やや頑固にみえることもあるかもしれません。



『かかりやすい病気』があるのは、シュナウザーに限ったことではありませんが、必ずかかるわけではないので、必要以上に神経質になることもありません。


あくまでも”体質的な傾向”というように捉えて頂けるとありがたく思います。


どんな犬種であっても食餌と運動は重要で、日頃の体作りがしっかりしていれば、仮に病気やケガに見舞われた時でも軽く済む・・・または回復が早い傾向にあります。



高脂血症

シュナウザーはリポタンパク質の代謝過程が遺伝的に欠損していることが多いです。


※リポタンパク質

①肝臓で合成した脂質を必要場所へ運ぶ時

②小腸で吸収した脂質を運ぶ時

に乗り物代わりになってくれる複合粒子体です。


脂質は血液に溶けにくいため、リポタンパク質という乗り物を使うことで効率よく体内を移動できるのです。



この乗り物は中心がコレステロールやトリグリセライドの塊で、それを親水性のあるリン脂質やアポタンパクで包んでいます。



そのような粒子の代謝が上手くいかないために、血中にコレステロールや中性脂肪という形であふれてしまうのです。