東洋医学から見る28~腎臓と歯周病の関係


草やティッシュペーパーを食べたがることはありませんか?

草をやたら食べたがる時は胃がムカムカしている・・・というのは多くの飼い主さんがご存じだと思います。

ティッシュを食べたがる時も同じような理由で、胃に熱がこもっている状態だと考えます。


『胃に熱がこもる』状態は、いくつかの原因で起こりますが、影響が大きいキーマンの一つが”腎臓”です。


腎臓の機能低下が消化機能に影響を及ぼすわけ

腎臓は全身に水分を回し、各臓器を冷やす役目があります。


そのため腎臓が何らかの理由で弱っていたり、トラブルが起こって機能低下を起こすと、冷やす能力も落ちてしまいます。

そうなるとまず影響を受けるのが、胃と碑なのです。



胃の余分な熱が上がると、胃酸の分泌や唾液にも影響を与え、嘔吐することも出てきます。



消化機能の崩れは、消化の入口である口の粘膜や舌、歯茎などにも影響が出ます。

健康なら薄く白い舌苔が、厚くなったり色が黄色っぽくなったり。

また歯茎には炎症が起こったり、血がでたり・・。



さらに胃の熱が上がると、舌苔はなくなって(特に中央部)暗赤色のつるっとした舌になり、口内には潰瘍ができることもあります。

こうなると息の臭いもひどくなり、ティッシュや紙類だけでなく、石を飲み込んだりすることも出てきます。



腎臓が弱ると歯に影響が出る

腎臓は、東洋医学的に骨と深く関わっています。