リン酸塩と腎結石の関係①~根拠の差


欧州議会で大議論!

保存料、酸化防止剤のバックアップ剤、肉の変色防止など、食品だけでなくペットフードにも幅広く使用されているリン酸塩


数年前、欧州議会で、この添加物の使用の是非が議論となったことがあります。


結果的にわずか数票差で否決。



欧州議会は、添加物の安全性を評価する機関ではありませんので、否決の理由も

『リン酸塩を使用しないことで多くの失業者が増え、大きな経済損失を招く』

というものでした。



この決定は、ある意味現代の世相を表していると思いました。


添加物の基準や、農薬の使用基準など、ヨーロッパは日本より厳しいことは有名で、ペットフードを選ぶ際もそれが購入動機になっている方は多いと思います。

一方で、政治的、経済的理由から、非常にシビアな判断を下すともあります。




地続きで、一本の川が数か国に跨ることも珍しくないため、特に環境問題や健康に関わることに関しては、厳しい基準を設けないと国家間で不均衡が生じます。



そのため食品添加物などの使用基準の見直しは日常的で、安全性に疑義が生じた場合

『とりあえず一定の結果が出るまで使用禁止』ということもよく起こります。