株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで

リン酸塩と腎結石の関係②~リン酸塩の種類


色々な表記があるリン酸塩(リン酸ナトリウム)

保存料、酸化防止剤、pH調整剤という表記がされているものに、リン酸塩を使っているものは多いです。



またペットのおやつや歯磨きガムなどだと

『ポリリン酸ナトリウム』

『ピロリン酸ナトリウム』

『メタリン酸ナトリウム』

と表記されていることもありますが、これらは全てリン酸塩の一種です。




ポリリン酸とピロリン酸は単体で使用することはまずなく、他の縮合リン酸塩と組み合わせて使われます。


この両者は、どちらも腎臓で問題を起こすことがラットでの実験で分かっています。

ポリリン酸ナトリウムとピロリン酸ナトリウム

どちらもちょっとかわいい響きの名前ですが、油断してはなりません。(^_^;)



ポリリン酸ナトリウムは、腎結石が発生します。

一方、ピロロン酸ナトリウムは、血液中のカルシウムを引きつけ沈殿させます。

それによって腎石灰化症※を引き起こしました。


(※通常は炎症や梗塞、感染症が原因で腎実質にカルシウムが沈着するケースと、ホルモン剤などある種の薬の長期使用による影響で腎髄質が石灰化するケースがある。厳密に言うと後者を腎石灰化症と呼んでいるが、画像上で区別するのは難しい。




どちらもラットの餌に混ぜて与えた結果ですが、前回(①根拠の差)書いたようにラットでの結果を軽視してはいけません。


結石コントロールや腎臓の保護に、マグネシウムを制限した食餌が重要なのは否定しません。


しかし普段ご相談を受けていると

「治療が落ち着き、維持食に変えるとぶり返す」

というケースをよく聞きます。



中にはぶり返すのが心配で、ずっと療法食をお使いの方もいらっしゃいますが、これは全くお薦めできません。


最近は療法食がホームセンターやネットショップで購入できますが、本来獣医師の指導の下で食べさせるものです。

低マグネシウム食は、長期間続けると心臓など他の臓器にも影響を与えるので、心配だからと与え続けるのは絶対にいけません。必ず獣医師の指示に従って下さい。



それはともかく、繰り返す結石症に遭遇するたび

「実はリン酸塩が隠れた犯人なのでは?」

と思うようになりました。



体質的・遺伝的好発種というのは存在しますが、それだけでは説明できないケースがあまりに多いのです。


メタリン酸ナトリウム

リン酸塩の中では、一番よく使われているのがこれです。



これは食品はもちろん、ペットフードやおやつでも一番出番が多いと思います。



しかしラットによるたった1ヶ月の継続摂取で、尿細管の炎症腎臓の肥大という腎機能に重大な影響を起こすことが分かっています。



尿細管というのは、原尿が通り、その際ブドウ糖(グルコース)や水分、ミネラルを再吸収したり、体内での老廃物(尿素・尿酸・アンモニアなど)や余分な電化質や薬物など体外に排出したいものを分泌する場所です。



糖尿病になると尿からグルコースが検出されますが、この尿細管で吸収しきれない量が排出されるからです。



また腎臓の肥大というのも糖尿病の初期段階からよく見られる症状です。


ラットと人間の腎臓は見た目で似ていても、糸球体の大きさや構造、代謝するものの量に差があり

「ラットの結果は、人間がリン酸塩を摂取した結果と同じではない」

という意見があります。



確かに体の大きさが違えば、腎臓のサイズも、その内部構造も限界があり、尿の濃縮力も違うでしょう。



ただこの研究結果に注目しているのは、犬猫の腎機能は人間よりラットに近いからです。

(続く⇒③なぜ使うのか?



関連ブログ⇒東洋医学から見る⑯~風邪をひいた時の食餌

#猫 #シニア猫 #ペットフード #春夏秋冬 #犬 #手作り食 #食餌悩み #マウス #ラット #食品添加物 #青森 #遺伝子 #安全性 #危険性 #リン酸塩 #腎臓 #炎症 #結石