天然記念物への道①~日本犬誕生


きりっとした顔立ち、立耳、巻尾に代表される日本犬。

今やヨーロッパでも大人気の日本犬(北海道犬・秋田犬・柴犬・甲斐犬・紀州犬・四国犬)は天然記念物に指定されています。

そもそも”天然記念物”とは『史蹟名勝天然記念物保存法』(1919年4月公布・同年6月施行)の中に”動物”という細目があり、日本犬は”日本に特有なる蓄養動物”に指定されました。

ちなみにこの項目の中には、秋田県の比内地鶏や山口県萩市に残る在来種・見島牛(みしまうし)なども指定されています。

在来牛と言えばもう一種、鹿児島県トカラ列島の口之島に生息している口之島牛(くちのしまうし)も残っていますが、こちらはなぜか天然記念物に指定されていません。

(野生化して残っているのも、かなり遺伝的に貴重な要素なのですが・・余談ですが、よく歴史の教科書に、平安貴族を乗せた牛車の絵が載っていますね。あの平安絵巻に出てくる牛が、口之島牛だと言われています)

この法律は、1949年1月に発生した法隆寺金堂の火災をきかっけに、より文化財を総合的に保護する目的で、現在の『文化財保護法』(1950年8月施行)になりました。

法律の看板こそ変わりましたが、文化財保護法の第109条~133条に、ほぼ『史蹟名勝天然記念物保存法』が残りました。

こうして日本犬は今も天然記念物なのです。

明治に入り、”文明開化”の名の下、服装や食事など私たちの日常生活だけでなく、鉄道が通ったり、工場の建設が進んだりと社会全体に西洋化の波がやってきました。