古くて新しい甘茶~ノンカフェインで安心!子供からペットまで飲める


花粉症に悩む方が、年々増えているような気がします。

かく言う私も、数年前の夏に目がかゆくなり眼科を受診。

オオブタクサのアレルギーと判明しました。

イヌ・ネコアレルギーでなかったのは良かったのですが、スギでもヒノキでもなく、どっちかというとレアものを拾うあたり、我ながらへそ曲りだなあ・・・と。(^_^;)

取りあえず急性のかゆみは、処方された目薬で落ち着いたので、その後は毎年”甘茶”で乗り切っています。

甘茶はユキノシタ科の植物で、ガクアジサイに似た青紫色の花を咲かせます。

よくブレンド茶に配合されている”アマチャヅル”(スミレ目ウリ科)とは全く別物です。

甘茶の花

毎年4月8日の灌仏会(お釈迦様の誕生日)には、お釈迦様に甘茶をかけ、甘茶を頂く習慣があります。

甘茶を飲むと『厄災が防げる』とか『心が鎮まる』と言われましたが、子どもの頃は、全く美味しいと感じず、花粉症になるまで何十年も飲んでいませんでした。

ところが改めて甘茶を知ると、春先に飲む習慣があるのは偶然や迷信ではなく、科学的根拠が見えてきました。

甘茶は、新常用和漢薬集にも記載されています。

和漢=日本で開発された生薬

現在は主に漢方薬の苦みを緩和させたり、マウスウォッシュの原料にも使われています。もちろん味の調整だけでなく、優れた有効成分が判明しています。

1.抗炎症作用⇒これによって口臭や歯周病の予防にもなるので、マウスウォッシュの甘味にはぴったりです。

2.胃腸や胆嚢の調子を整え、流れを良くする⇒春の臓器 肝臓・胆嚢は、五行で”木”の要素を持っています。

木が健康に育つには、”土”が大切ですよね。

春は『芽吹きの季節』

若芽が出て、グングン成長して、花を咲かせます。

この木の生長エネルギーは、肥沃な土壌あってのことです。