国産米が消える日⑤~ゲノム編集と遺伝子組み換えの違い


最近『ゲノム編集』という言葉を見かけることが増えました。

特に医療分野で使われるようになり、良いイメージを持たれる方が多いようです。

確かに、遺伝的な要素を含む疾患の治療には、大変期待できる技術だと思います。

しかし食べ物の育成に関わる分野で導入するには、リスクが高い技術です。

遺伝子を操作する技術という点では、遺伝子組み換えと同じです。

遺伝子組み換え(GM)⇒他の生物の遺伝子を挿しこむ

ゲノム編集⇒標的とする遺伝子の一部を切断する

例えばアメリカでは、筋肉の肥大を抑える遺伝子を切断した牛や豚が肥育されています。

生物は骨格や内臓機能に見合った筋肉を維持する、リミッターみたいなものが備わっています。

そうでないと体を支えられなくなるからです。

しかしこのリミッターを切った牛や豚は全身の筋肉が増え続け、ついには背中にラクダのようなコブ状の大きな筋肉もできます。

はっきり言って異様な姿の牛・豚です。

しかし農家としては、1頭あたりの食肉部が倍増するので、”コスパのいい牛(豚)”となります。

『ゲノム編集は遺伝子組み換え技術と違って、自分の遺伝子の中での操作なので安全』という意見の中

『ゲノム編集は想像を大きく超える、大規模な変異を起こしている』

という報告が2017年5月 ネイチャーメソッド誌に掲載されました。

それはコロンビア大学による研究で

「コンピューターで予想しえなかった」

異常な数の異変が報告されています。

『ゲノム編集でマウスの失明に関わる遺伝子を操作したところ、

ヌクレオチドの変異1500以上 

ゲノムの勝手な削除と挿入が100以上起きた』

遺伝子は壮大なネットワークで生物を形成しており、狙った遺伝子だけをいじったから、影響が”そこだけ”に限定されるという考えは、極めて安易です。

このような大規模な異変が起こったものを

”食べても安全”

いう言い切れる根拠はありません。

(もちろん”具体的な危険性”が証明されたわけでもありませんが)

しかし”危険性が証明されなければ安全”という理論もおかしいと思います。

”ヌクレオチドの変異が1500以上”

これがどれほど重要なことか、簡単に整理してみます。

ヌクレオチドとはDNAやRNAを構成する単位です。

ヌクレオチドに糖とリン酸基が結合してDNAを構成していきます。

ヌクレオチドは

A=アデニン

C=シトシン

G=グアニン

T=チミン

の4種あります。

(※RNAはチミンに代わりU=ウラシルに置き換わります)

アミノ酸はこの中の3つで構成されます。

例えばグルタミン酸はGAA もしくは GAG

(上記アミノ酸コード図 右下の方にある”E”の所です)

ちなみにグルタミン酸がいくつも繋がっていくと、ポリグルタミン酸になり、これは納豆の粘り成分になります。

つまり

ヌクレオチド3個セット

アミノ酸

アミノ酸2個以上くっついたもの=ペプチド

アミノ酸50個以上=タンパク質

つまりタンパク質を構成する元の変異が1500もあったということです。

例えばグルタミン酸:GAAのに変異するとグルタミンになります。

あるいはGAAの最後のに変異するとアスパラギン酸に。

例えば血液サラサラにする酵素”ナットウキナーゼ”は275個のアミノ酸がつながって構成されています。

275個の並び順も決まっていて、どれか一つでも違うアミノ酸になると”ナットウキナーゼ”ではない別のタンパク質になります。

これは全ての生物に共通することで、米でも肉でも同じです。

米であって米でない。

牛肉であって牛肉でない。

姿形は米や牛に見えても、タンパク質の違いは、その生物の本質の変化を表します。

アレルギー検査をする時も、どんな”タンパク源”にアレルギーを持っているかを調べます。

遺伝子組み換えニンジン(セリ科)を食べると、キク科の植物のアレルギーが出るようになった原因の一つも、こうようなタンパク質の変異にあると思います。

(いよいよ完結します!続きは⇒⑥事実は小説より奇なり

#手作り食 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #犬 #食餌悩み #玄米 #米 #遺伝子 #遺伝子組み換え #豚肉 #牛 #納豆 #アミノ酸

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで