〇〇ミールは何の肉?


市販のペットフードの原材料を見ると、〇○ミールという表記をよく見かけます。

〇○の所には『チキン』とか『ミート』とタンパク源となるものが入っています。

また『ミール』という表記の他に『肉粉』記載されていることもありますが、

ミール=肉粉

と思って頂いて結構です。

ミールとはmeal⇒食事という意味もありますが、オートミールのミールと同じ意味で『ひきわり粉』とか『(穀物などをふるいにかける前の)あら粉』という状態を表しています。

そのイメージでいくと、まるで粗挽きハンバーグのような美味しそうな感じがします。

しかしペットフード(飼料)の規定では

血液・ひづめ・角・歯・くちばし・毛(羽毛)・くず皮 ・胃(牛の場合第一胃)・糞を精製したもの

また胃の残留物はペプシン(消化酵素)で消化できなかったものが 12%以下であること。またそれらを精製した後の物質は、(食する動物の) ペプシンで消化できない粗タンパクが9%以下であること。

改めて読むと、すごい基準ですよね。

この時点(原料のごく一部ですよ!)で、犬猫が消化できないタンパク質が9%以下なら良いという基準。

百歩譲って、牛の胃(第一胃=ミノ 第二胃=ハチノス 第三胃=センマイ 第四胃=ギアラ)は私たちも焼肉で食べます。

第二胃は有名なイタリア料理トリッパにも使いますね。

またスペインの一部地方ではソーセージに豚の血を混ぜてコクを出すこともありますから、食材としてはセーフでしょうか。

ただ人間の食材に使用される血や胃は鮮度はもちろん、解体の際、汚染されていないことが大前提です。

それがわずかでも守られないと、大変な事故になります。