亥年に寄せて~豚の餌の添加物で起こったこと


≪あけまして おめでとうございます≫

本年もよろしくお願いいたします

さて昨年の秋口から、26年ぶりの豚コレラの発生が報じられ大変気になっています。

最初は、野生のイノシシから豚に感染したとされていますが、防疫体制を強化していたにも関わらず、亥年を目前にしても感染経路が特定できない発生が続きました。

そしてついに自衛隊に派遣要請するまでの大規模感染が発生。

コレラの遺伝子型は全て同じで、野生イノシシの感染は続いているので、ワクチンを入れた餌を置くことも検討されているようです。

豚コレラは、例え感染豚の肉を食べても感染しません。

ただウィルスの一つとしては、注意深く見守る必要があると思っています。

例えば鳥インフルエンザも、

鳥⇒人

というダイレクトな感染確率は低いと思われます。

しかし

鳥⇒豚⇒人

と一度豚に感染すると、人間に感染しやすい形になると考えられています。

そんな豚のウィルスより、全く報道されない豚の餌がここ数年はるかに気になります。

日本ではまだ使用されていませんが、畜産が盛んな20か国以上で、塩酸ラクトパミンという成長促進剤を餌に混ぜています。