ビタミンKのお仕事


いまひとつ注目度が低い?ビタミンK。

『どんな働きをしてるの?』

ざっくり言うと、タンパク質合成の補酵素的な働きが多く、地味で目立たないのですが、ないと非常に困ったことになります。

まず骨の形成に重要です。

”骨”というと”カルシウム”が真っ先に思い浮かぶと思います。食事から摂取したカルシウムは小腸から吸収されますが、まずこの時ビタミンDが吸収をアシストします。

そして血液に乗って全身を巡りますが、それを骨に取り込む際もまたビタミンDが助けます。しかし取り込まれた後、カルシウムをくっつけて、骨を形成していく糊が必要になります。

その”糊”の役目をするタンパク質を肝臓で合成する時に、ビタミンKが必要なのです。

つまり強い骨を維持するためには、カルシウム・ビタミンDと並んでビタミンKも必須です。

そして出血した際、血液を凝固させて止めなくてはなりませんが、その時に必要なタンパク質(プロトロンビン)の合成にも関わっています。

他にもビタミンKが合成に関わっていると分かっているタンパク質は、機能が良く分かっていないものも含め体内各所に約10種ほど判明しています。

その中には、血管の過剰な石灰化を抑制するもの(アテロカルシン)や、腎臓内の結石形成を防ぐ働き(腎Glaタンパク質)をするものもあります。

ビタミンKはK1~K8までありますが、K3~K8は合成です。天然物はK1とK2のみ。

ちなみに合成ビタミンであるK3は安価なため、動物用飼料には使用を許可されていますが、毒性が強いため人間への使用は禁止されています。

K1(フィロキノン)は植物にしか存在せず、パセリ、春菊、かぶや大根の葉、海藻にも含まれています。

現実的に食べることを想定した量で含有量を換算してみると

パセリ1本(5g)=42㎍ 

茹でたかぶの葉1株分(33g)=88㎍ 

乾のり1枚(3g)=78μg 

お茶葉にも高い濃度で含まれているのですが、抽出液いわゆる”お茶”として飲んでも、あまり摂取できません。

これに対しK2(メナキノン)は主に動物性食品に含まれ、鶏の胸肉やあわび、鶏卵、バター、そして納豆にも含まれます。