犬オタクの妄想おしゃべり大会


愛犬家、愛猫家の中で語られる『もしも・・・』シリーズは色々あると思います。

もしも、この童話の主人公が犬だったら?

・・・結末が変わっちゃうだろうな。


もしも、整骨院の先生が猫だったら?

・・・肉球でマッサージなんて、気持ちいいだろうな。

あっ、でもちょっとしたことで爪出ちゃったら、出血ものだ!


傍から見たら、どんなに馬鹿げている設定でも、楽しい妄想は尽きることがありません。

特に海外の愛犬家が広めた『もしもリビングの電球が切れたら・・』という設定はとても好きです。

ボーダーコリーだったらどうするか?

「OK!僕が換えるよ。洗面所の電球も切れかかっていたから、ついでに換えとくよ」

ジャーマンシェパードだったら?

「その前に、暗くて動けなくなった人を救助しなきゃ!そのあと僕が換えとくよ」

ゴールデンレトリバーだったら?

「電球が切れて、リビングが暗いの?じゃあ、お外に出ればいいじゃない。お外は陽の光で明るいし、ポカポカしてるし・・・ああ~いい気持ちzzzz」

ロットワイラー

「俺様によくそんなことを頼めるな」

ラブラドールレトリバーだったら?

「はい!はい!僕出来るよ!本当はやれば出来る子だって知ってるでしょ?」

外国の方が作った設定なので、登場する犬が大型犬ばかりですが、『なるほど!』『そうそう(笑)』という感じですよね。

そこで他の犬種のオリジナル回答を考えてみました。

トイプードルだったら?

「ママ、やって!」

ダックスフントだったら?

「僕らの脚を見て言ってるの?!届くわけないじゃん。猫かなんかに頼んでよ」

「この機会に白熱電球からLEDに変えることも念頭に、年末予算に組み込み、前向きに検討していきたいと考えているところであります」

フレンチブルドッグ

「あのね、あのね、僕やりたい。ご褒美にジャーキーくれる?」

皆さんも年末年始の楽しい集まりで、是非お好きな犬種のオリジナル回答をお試し下さい。

「それはその犬種というより、オタクの犬の性格でしょ!」

という回答もご愛嬌。

自分の話題で皆が楽しんでいる様子は、犬たちも大好きです。

・・・たぶん

・・・・・えっ?!うちだけ?(^_^;)

今年は本当にありがとうございました。

皆様、どうぞ良い年をお迎えください。