新日本昔話 りんごろう6


「山の水を田んぼに引くために、水路を掘っている」

「水路?」

りんごろうは背後に広がる平野を見渡しました。

「この土地は冬が厳しい。しかしその雪解け水は、瑞穂の恵みとなる」

大男は空を見上げ

「自然は思い通りにはならない。しかし少しだけ我々が手助けすることで、実るものは多い」

と言いました。

りんごろうも天を仰ぐと、大男の言葉を引き継ぐように言いました。

「実りがなければ、私たちは生きていけない」

大男は大きくうなづき

「いかにも」

サルは

「そのために水路を掘っていたのですね」

犬は

「この地の”ロマン”ですな」

ウミネコは山へ戻っていく鷹を見つけ声をかけました。

「鷹さ~ん、この人は鬼ではありませんでした」

鷹は短く返事をすると、皆の頭上で一度旋回してから山へ向かいました。

一同は豊かな大地をしばらく眺めていました。

ぎゅるぎゅるぎゅる~

静けさの中、りんごろうの腹の虫が豪快に鳴きました。

皆に注目され、恥ずかしそうな表情をするりんごろうに大男が

「皆さんがお持ちの野菜で、鍋でも作り食べませんか?」

と提案しました。

いよいよフィナーレか?!⇒最終回へ

#青い森工房 #春夏秋冬 #青森 #鬼伝説

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで