新日本昔話 りんごろう 最終回


りんごろうと3匹は、大男の後について行き、一軒の家に案内されました。

「すまんがサルさん、裏に積んである薪を取ってきてくれんか?」

サルが快く応じると

「そちらのお犬さんは、ムロに保存しているリンゴと人参を掘り出してきて欲しい」

犬は

「得意とするところだ」

と言いムロヘ向かうと、りんごろうは

「私は何をすれば?」

と言いました。

大男は

「お侍さんは、刀の扱いは慣れていても包丁は持ったことがなかろう?」

りんごろうがうなづくと

「ではかまどの火加減を見ていて下され」

大男は大根・人参・ごぼう・根曲り竹・凍み豆腐をさいの目切りにし、煮大豆と共にだし汁の中へ入れて煮込みました。

その間ご飯を炊いているかまどでは、りんごろうの指示で、ウミネコが羽ばたいて火加減を調整しています。犬が背負っていた長芋は、手先の器用なサルがすりおろしました。

その様子を見ていた大男は、

「皆さん、良い仲間ですな」と朗らかに言いました。

部屋中に食欲をそそる匂いが充満し、3匹も我慢の限界です。

「早く食べたいな」

とサルが言えば、犬は

「”待て”の後のメシは格段に旨くなるぞ」

と言いました。

料理が並び、皆で囲炉裏を囲みました。

「いただきます!」

りんごろうと3匹は、すごい勢いで食べ始めました。

「美味しい!」

「皆で食べると余計に美味しい」

鍋も釜もあっと言う間にカラになり、犬はリンゴの芯まで平らげました。

ウミネコは

「りんごろうさん、私は満腹すぎて暫く飛べそうにありません」

と言ってサルと毛づくろいを始めました。

りんごろうと大男はその様子をニコニコしながら見ていました。

後に、この大男が掘った水路は、この地に多くの恵みをもたらしました。

りんごろうと村人たちは、大男への感謝を忘れないよう神社にお祀りしました。

その思いは今日まで続き、この地では節分の際「福は内、鬼も内」と言うとさ。

おしまい

#青い森工房 #春夏秋冬 #青森 #鬼伝説