新日本昔話 りんごろう5


「そこの鬼!このりんごろうが、退治してくれるわ」

大男は手を止め、突然現れたりんごろうと3匹の家来を見て、きょとんとしました。

「鬼?なんのことだ?」

大男はよく陽に焼けた額の汗を手ぬぐいで押さえました。

「さっき自分で”オニ”と言ってたであろう」

「確かに一人で掘っていると”おに~”であるからな」

今度はりんごろうと家来たちが、きょとんとしました。

「海の遥か向こうにある私の故郷では、”つらい”ことを”おに~”と言う」

「さすれば、そなたは、海の遥か向こうから渡来してこの地に?」

「いかにも」

「りんごろうさん、どうも誤解だったようですね」

犬がそう言いました。

りんごろうが深くうなづくとウミネコは

「山ひとつ向こうの住人とでさえ、言葉が違うのに、そんなに遠くから来た方と言葉が違うのは当然でしょう」

「いかにも・・・我々の勇み足であったようだ」

意気消沈するりんごろうを気遣ったサルは、努めて明るい声で大男に聞きました。

「しかし御一人で、一体何を掘っているのですか?」

いよいよ次回、謎が解明される?!⇒⑥へ

#青い森工房 #春夏秋冬 #青森 #鬼伝説

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで