ワクチン代わりになる感染もある~基礎研究の大切さ


ワクチンが絶対唯一の感染防止策ではない

広い年代のワクチン接種が始まりました。


街の声や一部TV番組では、『ワクチン接種すれば感染しない』と勘違いしている(させてる?)報道も見受けられますが、あくまでも『重症化防止』が主体です。



麻疹や水疱瘡のように一回罹れば抗体ができるものと違い、コロナウィルスやインフルエンザ、アデノウィルスのような変異株や組み換え株が多いウィルスは、抗体ができていても全く罹らなくなるものではありません。




その証拠に”風邪”は一生のうち何度も罹りますよね。


実際、”風邪”で病院に行っても、今までインフルエンザ以外のウィルスの種類を調べることなどしていませんので、実際のところコロナウィルスやアデノウィルスがどのくらいの比率だったかはおおよそのデータしかありません。


また数か月続くだるさや味覚障害などの後遺症も注目されていますが、これまでインフルエンザなどでも同様の不調が確認されています。



ただ統計をとってないため、今回のコロナウィルスと比較して、どれほど多いか少ないかは分かりません。臨床医の間では「たまにそういうことあるよね」というような認識だったようです。


また海外から

「コロナウィルス感染後に糖尿病になる人が増えた」

という報告もありますが、これは本当にウィルス感染の後遺症でしょうか?



なぜなら特効薬がない今、治療にステロイドの大量投与が行われています。



ステロイドの大量投与(長期投与)によって、糖尿病並みの高血糖が起こることは医療者の間ではよく知られています。

そのため感染症後に糖尿病を発症した人の中に、どれだけ医原性の糖尿病がいるかは検証されていません。



元論文が探し切れていないので、本当は検証されているのかもしれませんが、ただ

「感染症の後、糖尿病が多発」

という報告だけがニュースになると、

「怖いよね」

という印象しか与えません。