鳥との会話


鳥類は、地球の住民になって古い。

今も残る、唯一の恐竜系統群である。

2億年~1億5000万年前のジュラ紀に、ティラノサウルスのような二足歩行していた獣脚類から進化したと言われている。

ティラノサウルスは肉食獣だが、獣脚類全般を見ると、果実や植物、魚食、雑食など今の鳥類につながる多様な食性を持っていた。

地球上に起きた何度かの生物絶滅期を生き延びてきたキャリアは半端ではない!

そのたびに進化し、地球上のあらゆる環境に適応し、今も北極から南極まで広く分布している。

鳥を知ることは、生物全般を知る上で参考になることが多い。

鳥はよく『3歩歩くと忘れる』と言われたり、英語でも『Bird Brain』なんていう表現があったりして『おバカちゃん』と思われている。

オウムでさえ『オウム返し』という表現をされているくらいで、ただ真似をするだけでそこまでの知性はない・・と思われている。

でもどうかなあ~・・・

鳥類にすれば、木の上から人間の生活を見ていて「アホだなあ~」と思っているんじゃないかと思うことがある。


我が家の茶々丸は幼少時、オカメインコにお守してもらった時期がある。

もう平均寿命に達していた留吉じいさん(オカメインコ)は、初めて犬を見た時、驚くどころか暫くマジマジと見ていた。


茶々丸の方は、初めて見る動物に、ジロジロ見られていることに落ち着かなくなり「ピイピイ」甘えた声を出した。

すると留吉じいさんは、鳥をあやす時に人間がよくやる

「トゥトゥトゥトゥ。。。」

という口真似をした。

何回かそれを繰り返しても、あまり落ち着かない様子を見ると、今度は