第111号記念~ちょっと難しいことも考えてみる④(ホリスティック思考)


最近は時折「うちの犬、ペットショップで買ったから肩身が狭くて・・」というお話を伺うことがあります。中にはご近所の犬仲間と会わない時間帯に散歩に出る・・という方もいました。

それはそれで問題ではありませんか?

犬たちにとって幸せな環境ですか?

自分と違う考えや違う価値観を排除する。

理解できない世界を非難する。

それって、世界のあちこちで戦争や紛争が絶えない理由と同じじゃないですか?

身近なところで言えば、そういうのがイジメや差別につながっていませんか?

今こそ、ホリスティック(総体的)視線で物事を捉える必要が求められているのかもしれません。

例えば病気になった場合、西洋医学的アプローチだけでも複数の選択肢があるかもしれません。

もしなくても、代替治療や補完的治療を組み合わせることが可能かもしれません。

少なくとも、他の選択肢を知っているかいないかでも、可能性は変わると思います。