動物学的大幻想曲


おそらくどこかで一度は耳にしたことがある組曲に、表題のような副題がついた音楽があります。



正式なタイトルは『動物謝肉祭』

フランスの国民的大作曲家サン=サーンスの作品ですが、現代ではこんなに有名なのに、サン=サーンスが存命中は非公開の作品でした。




なぜなら他の作曲家の曲をパクリまくっているから(^_^;)

友人のチェリストが催すプライベートなパーティで演奏するために書かれた、言ってみれば”お遊び”作品です。そのためパーティーが盛り上がりそうな、皮肉っぽい笑いをちりばめた曲が並んでいます。


こんな暴挙?!が許されたのも、サン=サーンスに対する当時の音楽界の評価が伺い知れますね。




なんたってモーツァルト以来の神童と言われた御人。

嘘か真か2歳でピアノを弾き、3歳で作曲したという逸話もあります。


最初の交響曲を16歳で書いていることを考えると、3歳で作曲したかはともかく、大変な天才だったのは間違いないでしょう。



彼の場合、その飛び抜けた才能は音楽に留まらず、絵画、数学、天文学などにも精通し、大変な博識だったことです。

それだけにちょっと斜に構えたところがあり、「嫌味な人だ」というような人物評も残っています。




その性格が如何なく?!発揮された『動物謝肉祭』の初演は、サン=サーンス自身がピアノを弾き、大いに盛り上がったようです。


その後も数回、非公開で演奏された記録があります。