栄養って何だ?


『生物が自分の身体の働きに必要な外部の物質を取りこむこと』

出典:栄養・生化学辞典

ちなみに”栄養素”の意味となると

『生体の発生、成長、成熟、維持、生殖などのために摂取すべき化合物や元素など』

出典:栄養・生化学辞典

これらを学ぶ”栄養学”の基礎は、明治時代にドイツからもたらされました。

最先端の学問として、日本でも研究が始まりましたが、当時来日していたドイツ人医師ベルツは、衝撃的な経験をします。

東京から日光までの移動は、馬でさえ6回乗り換える必要があった時代。

ある時、人力車で向かうことになったそうです。

するとその車夫は、一回も交代することもなく、14時間かけてベルツを乗せて日光へ到着しました。

その驚異的な体力に驚いたのはもちろん、もっと驚いたのが食事内容だったようです。

途中車夫が摂った食事は、玄米と梅干、漬物など当時の日本人が普通に食べていたもの。

「こんな貧しい栄養でこんなに体力があるのなら、自分たちの栄養学に基づく食事をさせたら、どんなにすごいパワーを発揮するのだろう」と考えたのです。