猫さま~猫との長いつきあい


『猫は奈良時代、経典をねずみから守る為に、大陸から船に一緒に乗ってきた』

と聞いたことがあります。

しかし近年の研究で、弥生時代中期の遺跡(長崎県壱岐市)からイエネコと思われる骨が出土しています。

しかもこれまでの教科書では、弥生時代は紀元前5世紀頃から始まったとされていましたが、九州北部で紀元前10世紀頃の水田が見つかり、弥生時代そのものの始まりが、一気に500年もさかのぼる説が有力となりつつあります。

となると、猫と人間の付き合いは、最低でも3000年にも長きに渡ることになります。

犬が人間と共にしてきた仕事や果たしてきた役目は、多くの文献に残されています。

”ハチ公”のように、世界的に名を遺した犬も少なくありません。

それに比べ、猫の記録は多くありません。

猫が”使役動物”というイメージがなかったことも関係しているかもしれません。

一方で、ペットとして非常に可愛がられた記録はあります。

日本でも天皇や貴族が書き残した文献に、しばしば猫が出てきます。

多くの国で主食となる穀物類は、ネズミの大好物です。

それを追いかける猫は、世界中で大活躍してきたはずです。

しかし犬が『人と共に何かを成し遂げること』

に喜びを見せるのに対して、猫は

『アタシの喜びのために追いかけてます』

という仕事ぶりが、物語になりにくかったのでは感じます。

”勝手気まま”

”マイペース”

</