植物の力


京都・桂川沿いの桜が、横倒しになったまま満開に咲く姿をニュースで観ました。

昨年9月の台風によって倒れてしまったそうです。

傾いている・・というより完全に倒れ、中には根が露出してしまっている木もあり、よくこの状態で花を咲かせたと思うと同時に、植物のパワーに驚かせられます。

(行政も対応を検討しているそうで、なんとか来年以降もきれいな花を見せてくれることを願ってやみません)

このように、どんな気候変動があっても移動できない植物。

地球誕生後、海で最初の生物が生まれてから動物が登場するまで、長く植物の時代でした。

その頃はまだ空気中の二酸化炭素が多かったことも、植物にとって過ごしやすい環境だったのでしょう。

参考ブログ⇒大豆の不思議

彼らにとって”酸素”は廃棄物であり毒です。

そのため酸化ストレスに対応するためポリフェノール類などの”抗酸化物質”を作り出しているのです。

同時に、病気に打ち勝つための抗生物質や抗菌物質、また益虫は呼び寄せるが、害虫は寄せ付けないホルモン物質など、その能力の高さは動物の比ではありません。

現に私たちがお世話になっている多くの薬が、植物から抽出されたり、その物質を合成した成分です。

その一つが、柳の樹皮から抽出した解熱鎮痛に使用されるアスピリン。

この有効成分はサリチル酸で、現在は簡単に合成されるようになったので、解熱鎮痛剤に限らず、イボを取る外用薬や洗顔料にも配合されています。

また近年は、本来副作用と考えられていた『血が固まりにくくなる作用』を利用して、血栓の予防剤にも使用されています。

柳の樹皮は、漢方薬や中薬でも使われていて、やはり歯痛を始めとした痛み止めで使われています。