まさお日記 41


ワシの名は まさお

お達者くらぶの相談役になったんじゃよ~

いまだに老眼鏡がなくても新聞が読めるぞ!

お達者くらぶ:年齢を重ねてもお達者な方々の集まり

早いな~

もう年賀状の準備の季節だ。

来年は

いのしし年!

ねえ、年男は豆まきやるんじゃろ?

茶々丸「さあ・・・僕は別にどっちでもいい」

どっちでもいいならやるべきじゃ!(きっぱり)

ソフィ「まさ爺はお菓子とかボールが欲しいんでしょ」

何を言っとる!

昔から年女や年男は運が良いとされ、その人が邪気を払う豆をまくと

よりパワーが強いとされているんじゃよ。

ソフィ「じゃあ、来年お兄ちゃんがまいたボールやお菓子はラッキーボールやラッキーお菓子になるわけ?」

その通り!

ソフィ「でもあたしたちボールもお菓子も興味ないし・・・ましてや豆なんてねぇ」

茶々丸「うん。ボール取って来~いとか意味わかんないし、

ビスケットとかも好きじゃないし」

おいおい、これだから最近の若いやつは困る。

いいか、日本の伝統行事をだなあ、

迷信だとか何だとないがしろにするくせに、

こないだのハロウィンの騒ぎは何だ?!

「スクランブル交差点内では立ち止まらないで下さ~い。

間もなく信号が変わりま~す!」

茶々丸「渋谷のDJポリスが乗っている車両から、

注意してもダメな人にばんばんカラーボール投げちゃえばいいのに」

それ面白いな!!

新しい豆まきが世界発信されるぞ。

悪いことした人には「鬼は~外!」って、

お巡りさんがカラーボール当てるけど、ルール守った人にはお菓子をあげる!

渋谷スクランブル豆まきの考案者 マサ公

こりゃ、渋谷にワシの銅像が建っちゃうな

発案者はお兄ちゃんなのに! byソフィ

#犬 #青い森工房 #春夏秋冬 #まさお