漢方医学と中医学の違い~漢方やハーブは体に優しい?


意外と混同されているのが、この二つ。

”中医学”はその名の通り、古来から中国に伝わる考えを基に、中国で発展して今にあるものです。

一方、”漢方医学”は、基は中国から伝わったものですが、日本で独自に発展した医学です。

後に入ってきた蘭方医学(西洋医学)に対して”漢方”ということです。

この差は、”漢方薬”と”中薬”の違いにも表れています。

漢方薬⇒生薬を組み合わせて構成された漢方処方は、処方自体が一つの有効成分として独立しています。

つまり生薬一つ一つの薬効とは直接関係ない・・という考え方です。

あくまでも、”組み合わされた状態で一つの薬”と考えます。

そして処方の仕方も中薬と違い、体質やその時の症状に適したものを、すでに出来上がっている処方の中から選ぶのが特徴です。

また漢方医学の考えに基づかない日本の伝統的な生薬もあり、こちらは”和漢”というように呼ばれることもあります。

中薬⇒使用する人に応じて生薬を組み合わせます。

そのため漢方薬以上に、処方する人の経験や能力が問われます。また中医学の考え方に基づいて工業的に製剤化された”中成薬”というものもあります。

どちらにしろ、漢方薬とは全く別物で、実は中薬のほとんどが日本では医薬品として認められていません。