飼い主資格制度


先日、犬の先進国と言われるドイツで、衝撃的な事件が報道されました。

それは乳児と犬をリビングで留守番させていたところ、咬傷事故が起き、乳児が亡くなってしまいました。

ご両親のショックは計り知れないですが、この事故を機に、ドイツでは『飼い主資格制度を全国区に』という声が上がっているそうです。

すでに一部の州では、『飼い主資格制度』が導入されており一定の成果を上げています。

公共交通機関でも、飲食店でも犬連れが珍しくないドイツ。

このような社会を実現させたのも、人間側の意識の高さで成り立っています。

飼い主はもちろん、小学校などでは町で犬と会った時の接し方や基本的な知識を教えます。

このような教育は、事故を防ぐ大きな効果があるのはもちろん、ただ『動物愛護の気持ちを育てましょう』というより実践的で、子供のコニュニケーション能力を育てる効果があるとされています。

なぜなら人間同士とは違う、犬とのコミュニケーションを学ぶことで、高学年になった時、言葉や習慣の違う相手とどう付き合うか?あるいはどう受け入れるか?ということを学ぶことにもつながると言います。

犬とのコミュニケーションが、

『自分たちの価値観では測れない世界があることを知る』

きっかけになっているようです。

そのような教育が行き届いているドイツでも、トラブルが全くないわけではありません。

『飼い主がその犬の気質や、共に生活する上の知識が十分でない場合』犬を保護して、飼い主から取り上げることもあります。

また十分な餌を与えないことはもちろん、

健康を害するほど太らせすぎている。

病気なのに治療を受けさせない。