消化器全般の不調にはポリアミン


毎年春先になると、胃腸の不調やアレルギーのお悩みを聞くことが本当に増えました。

生後三か月の仔犬に離乳食を食べさせたとたん、アレルギー症状が出て、検査したら食べさせられるタンパク源がほとんどない!といったことも、珍しくありません。

例えばグルテン腸症は、人間でも多い食物アレルギーの一つです。

グルテンは小麦・大麦・ライ麦等に含まれるタンパク質ですが、米には含まれていません。

そのため欧米人に比べると、日本人はまだ少ない方ですが、増加傾向にあります。


人に関する研究では、遺伝性も認められていますが、動物での研究では、別の原因で胃腸障害が起こったのをきっかけに、この問題が発生することが判明しています。


また困ったことにグルテン腸症に罹っていても、臨床症状がすぐに出ないことがしばしばあります。

数か月どころか、場合によっては数年にも及ぶ長期間、目に見える症状がないまま腸内の状態が悪化していきます。

そして下痢や感染症に罹った時、あるいは抗生物質を使った時などに突然症状が出ます。

まるで薬の副作用に見えることもありますが、グルテンを制限したり腸内細菌を整える食餌で改善する場合は違うでしょう。

このようにアレルギーと腸内環境の関連性は、多くの研究で証明されていますが、中でもポリアミンはキーとなる物資です。

ポリアミンは、ほとんどの生物の細胞内に