戌年に寄せて


あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

いよいよ戌年がスタートしました。

記念すべき、戌年年頭にあたり

≪犬の 犬による 犬のための食餌≫

を改めて声を大にして宣言したいと思います。

・・え?!『犬による』って犬が作るのかって?

いやそれはさすがに・・(本当に犬が作業してたら楽しそうですが)

しかし何故かスタッフ・関係者に”戌年”生まれが複数おります。

(^_^;)

そんな余談はともかく、

≪犬のための食餌≫

これは私たちが常に、そして最も重要視していることです。

開発上・製造上で何か困ったことが起きた時、あるいは何か決断しなければならない時、

『それは犬のためになるのか』

『犬にとって一番良い選択なのか』

ということを考えます。

私たちのフード開発にあたって、

『水分が少なすぎる食生活』

は大きな問題点の一つとして常に課題に挙げていました。

残念ながら現代の食の安全性において”ゼロリスク”を求めるのは不可能になっています。

食品添加物に関わらず、日常に化学合成物質はあふれています。

農薬・化学肥料、食肉や養殖魚の抗生物質や環境ホルモン等々・・

食以外でも、ワクチン接種や布用消臭剤、洗剤類など、ここ数十年の間に登場した合成物質が、私たちや犬の健康に及ぼす影響は計りきれていません。

特に食品から摂取した添加物同士の複合毒や、皮膚から吸収される経皮毒に関する研究は思ったほど進んでいません。

(研究しても公表されないケースが多いのでしょう)

しかし仮にそれらを摂取しても、健康な体ならばある程度排出していく能力は備わっています。