パスツール VS コッホ(その4~青森納豆物語)


武田信太郎(1902年~1962年)

武田佐吉の研究に、途中から息子の信太郎が加わり、二人三脚での納豆作りが始まりました。

彼もまた、佐吉と同様、微生物の専門教育を受けたわけでもないのに、非常に広い知識と常識に囚われない斬新な発想力の持ち主でした。

1926年(昭和元年)大豆を蒸すための釜に、業界初の圧力釜を採用。

翌年には、雑菌混入がしにくい、今に続く衛生的な折箱での発酵製法を完成。

これによって、稲わらによる発酵の欠点の一つであった、外側の粒が乾燥しやすく、外側と中心部の発酵具合の差も、格段に減りました。

そして1928年(昭和3年)には、納豆菌を小瓶に入れ、全国の納豆業者に販売する営業も開始しました。

同時に、20年以上の苦労から得た経験で、ただ納豆菌を販売しただけでは、納豆作りが上手くいかないことは身にしみていました。

実際、その土地の気候や発酵室の管理によって、上手く発酵しないことは起こりました。

なかには「インチキな品をつかまされた!」というような苦情もありましたが、納豆が上手くできない原因は納豆菌自体ではなく、発酵室の作りや温度管理に問題がありました。

佐吉も信太郎も、納豆菌を売った業者から相談を受けたり、苦情があった場合は、全国どこへでも出向き、丁寧に技術指導を行いました。

特に1935年頃(昭和10年)には、関東の多くの業者に納豆菌を販売。その際も、必ず現地を訪れ、特徴的な気候・環境を見て、必要な技術指導を惜しみませんでした。

1936年(昭和11年)に、むつ・大湊の軍医長だった海軍大佐 江口 有博士が、長崎県佐世保勤務時代の経験として

「納豆は赤痢の予防薬であり、納豆ほど効くものはない」

という談話が新聞記事になったことがきっかけで、ちょっとした納豆ブームが起きました。

それは数年続き、生産が追い付かないような時期もありましたが、1939年(昭和14年)になると、戦況が厳しくなり、大豆の販売が統制されます。

それでも、少ない食事の重要なタンパク源となり、赤痢やコレラなど、当時大変恐れられていた病気から守ってくれる納豆は、多くの人に求められ、可能な限り作り続けました。

そして1945年(昭和20年)8月15日終戦。

終戦間近だった7月14日~15日には、青函連絡船12艘が爆撃に合い、青森市内は7月28日~29日にかけて大空襲を受けました。

八戸市内に至っては、終戦目前の8月9日~10日両日に渡り壮絶な空襲を受け、県内で多くの犠牲者を出しました。

佐吉・信太郎一家は、何とか難を逃れましたが、青森市内は焼野原になりました。

その年の12月。

戦後の食糧難の中、信太郎は現在の農林水産省から、国民の健康向上を目指す共同研究を求められ、東京へ出張します。

農林省は、各家庭で納豆を作らせ、栄養不足の解消を図りたいと考えていたようですが、信太郎の復命書には、『納豆作りは全国の各納豆業者に任せるべし』と結論付けています。

それは決して、納豆業者を儲けさせる為のものではなく、温度管理や衛生管理の難しさを痛感していたことからの結論です。また燃料も不足している中、大豆に十分な蒸煮が行われず消化不良を起こす危険なども考慮すると、一般家庭で作るのは、かえって復興の妨げになると考えました。

同時にこの復命書には、いくつか興味深い記述があります。

農林省食料管理局研究所 櫻井博士は、各家庭に冷蔵庫がなくても、長期保存できるものとして、乾燥納豆の可能性について言及していたようです。

しかし信太郎は、当時の熱乾燥機による加工を『納豆の本質を失う』とし、同時に『乾燥させるための設備・手間・燃料費を算出すると現実的ではない』と結論付けています。

(これは現在にも続く課題でして、未だ加工費がかなり高くつきます)

その上で、”冷凍納豆”の可能性に言及しています。

前年の1944年(昭和19年)5月に、冷凍した納豆を、盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)の村松 舜祐教授(参照:前回ブログ)に調べてもらっていて、この新たな可能性に自信を得ていた様子が伺えます。

冷凍納豆は、約1ヶ月冷凍した後も『糸引きも味も良好で、納豆菌の効力は変わっていなかった』と記載してあります。

この冷凍納豆の発想のヒントになったのは、近代納豆の製造に重要な”後熟成法”と呼ばれる技術でした。

発酵室から出した納豆を、冷蔵庫で急激に冷やして納豆菌の活動を抑える技術で、丁度お酒や醤油の”火入れ”と逆の発想ですが、現在全ての納豆業者が行っています。

これを生み出したのは、1940年(昭和15年)青森県三戸郡南部町で創業した太子食品の工藤栄次郎氏と二代目の工藤一男氏でした。

(続く)

#ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #微生物 #免疫 #納豆 #青森 #かくた武田

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで