株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで

お問い合わせから⑤(オーガニックフードですか?)


弊社ペットフード春夏秋冬は、オーガニック認証を受けていません。

またオーガニック認証を受けた野菜・果物類も使用していません。

メインタンパク質は、陸奥湾で養殖しているホタテ以外は、天然の魚介類のみなので、オーガニック認証の対象外です。

(ホタテ養殖は、魚の養殖と違って餌を使用しないのでこれも認証外です)

そもそも日本のオーガニック栽培の作付面積は0.1%~0.2%

「えっ?!近所のスーパーでも、有機JASマークがついた商品売っているけど」

確かに・・・。

有機JASマークは、日本の有機規格をクリアした商品に付けられていますので、使用している原料どころか、商品そのものが国産であることが条件ではありません。

というわけで、その多くが輸入品です。

作付面積が世界的な低さである理由は、いくつもありますが、やはり毎年必要な申請費用の負担は、家族経営の農家さんにとって大きいと思います。

イタリアやスイスといった、ほとんどが日本のように小規模農家さんばかりの国でも、認証を受けている比率が高い国は、国がその栽培を推奨し、流通面でも各自治体の協力体制が作られていることが挙げられます。

作付面積がこのような状況なので、それを餌に使用した畜産物はまず望めないのが現状です。

しかし認証を受けていなくても、無農薬または減農薬・完熟堆肥を使用した栽培をしている農家さんはたくさんあります。

一言で”オーガニック””有機栽培”と言っても、≪無農薬≫が絶対条件ではありません。

指定されていない農薬は使えますが、安価な化学合成農薬はまず使えません。

また”農薬”問題は、多くの方が注目するようになりましたが、”肥料”に関してはまだ盲点が多いように思います。

農薬はその名の通り、”薬”という感覚なので、家庭菜園でも必要以上にかけることはないと思います。

しかし”肥料”は、サプリメントや栄養ドリンクの感覚で、

『多少多くてもいいんじゃない?』

『むしろ多い方がいい実がなるんじゃないか』

と感じることもあるかと思います。

しかしこのブログでたびたび取り上げているように、どんなに良いものでも”過剰”はやっぱり問題です。

その問題を解決するため、肥料や殺菌剤で土壌環境を整えるのではなく、植える作物をローテーションさせることで整えている農家さんもいます。

また一つの畑に、複数の作物を作付し、土壌バランスを整えたり、互いの作物の害虫や益虫を利用して農薬を最小限にしている方法をとっている方もいます。

そのへんは、直接足を運び、畑を見てお話を伺わないと分かりません。

そのため認証の有無に関わらず、自分たちの目で確かめ、売って頂けるかを交渉しています。

青森県は食糧自給率が毎年120%くらいあります。

これはカロリーベースでの数値ですが、三方を海に囲まれ、畜産農家、酪農、米・野菜・果物農家など、非常にバランスの良い食材が揃うことは特筆すべき特徴です。

高い自給率でも、実際のメニューにしたら、主食の2/3がジャガイモという地域もありますから。

青森県の場合、三食お米が食べられるどころか、主食にうどんやお蕎麦、パンなども選べ、主菜には魚・牛肉・豚肉・鶏肉・鴨肉・ラム・馬肉などから必ず一品の他、副菜、デザートには必ず果物が付けられます。

これだけでも、かなり多彩なメニューが食べられるのが分かりますが、実はその一部が

規格箱にきれいに収まらないサイズ(ちょっと大きいor小さい)だった

人手が足りなくて収穫しきれなかった

見た目(色・形)が悪かった等の理由で、食べられる物が廃棄対象になっています。

それらを含むと自給率は160%以上になります。

この潜在的な自給率の有効活用は、青森県のみならず多くの地域に眠っている財産だと思います。

そしてオーガニック認証がなくても、消費者の皆様が安心して購入できるための情報公開を積極的に行うことによって、皆様に選んで頂ける商品になるよう努めていきたいと思います。

#シニア犬 #手作り食 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #食餌悩み #犬 #猫