株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで

森のクマさん


今年も、各地で熊の出没情報が出始め、先週は弊社工場のある八戸市でも目撃されています。

その昔『熊に出くわしたら、死んだふりをしろ!』と言われたものですが、最近は絶対しないようにと呼びかけられています。

とは言うものの、やはり子供の頃から言い聞かされた話は、なかなか頭から離れないもの。

熊=死んだふり

とは、一体どんな根拠だったのか、誰が言い始めたのか・・・

いや~、調べてみてビックリ。

その根拠は、たった一件の報告がきっかけ。

それも古代ギリシャの・・・。

この報告を残したアイソーポス氏は、他にも自然界の様々な観察記録を残していますが、まさか”熊”の報告が、これほど長い間、しかもその時代には存在すら認識していたかどうか分からない極東の国で語り継がれているなど思いもよらなかったでしょう。

確かに生物界には、”死んだふり”で捕食者から身を守る動物がいるのは事実です。

そしてアイソーポスさんが、この方法で熊から身を守ったのも事実でしょう。

しかし、この方法の有効性を確かめる術もなく、今日まで信じられてきた不思議。

その間、多くの専門家が

『死んだふりの有効性に根拠はない。山へ入る時は、鈴などを持って、出会わないようにすること。万が一出くわしたら、刺激しないように、ゆっくり後ずさりして逃げること』

と言っているにも関わらずです。

この手の話は、結構あって、例えば犬の世界で有名な話だと

『妊娠期に高濃度のビタミンCを与えないと、股関節形成不全の仔犬が生まれる』

股関節に関わらず、多くの関節形成・維持に、ビタミンCが重要な役割を果たしているのは間違いないと思います。

しかし、この実験の詳細を見ると

過去に股関節形成不全の仔犬を産んだことのある一頭の犬の妊娠期に、通常の食餌より多めのビタミンCを与えたら、今度は股関節形成不全の仔犬がいなかった』

となっています。

最初はたった一頭の報告からだったとしても、本来ならば、有効性を確かめる為に、さらに頭数を増やした検証をしたり、他の研究者が再現性を検証したりして、初めて採用されるものです。

しかし、こちらの話は先ほどの”熊”の話と違って、『検証したら即刻命に係わる!』ものでもないのに、今の所、追加検証はなされていません。

さらにこの股関節形成不全に関して言えば、約7割は遺伝性とされています。

母犬の遺伝的要素はどうだったのか、相手のオスの遺伝的リスクはどうだったのか・・・この場合、それらの条件が非常に重要となりますが、その辺は特に考慮されていません。

「でもまあ、ビタミンCなら余計に与えても害にはならないだろうから、加えておけば安心じゃない?」

という心理は、私もいち飼い主として良く理解できます。

しかし科学技術が発達したがために、一言で”ビタミンC”と言ってもその質は様々です。

ものによっては、過剰摂取が必ずしも”安全””無害”と言いきれなくなったのが、悩ましいところです。

森のクマさんの生活環境が、時代と共に変わってきたのと同時に、最近はクマ自身も

”人を恐れない”性格に変化してきているとの報告があります。

物事の変化は、一面だけを見て判断せず、多角的に見なければ・・・

そして思い込みや、知識だけに慢心してはならない・・・

”熊出没”ニュースをきっかけに、改めて気を引き締めた次第です。

#シニア犬 #シニア猫 #手作り食 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #食餌悩み #栄養素 #ビタミン #熊