お問い合わせから④(トランス脂肪酸って天然物にも存在しますよ)


おっしゃる通りです。

「危ない危ないと煽るのは良くないと思います」

とのご指摘がありました。また

「サラダ油はコレステロールを下げるという科学的根拠があります。そこまで悪いものではないと思います」

とも・・。

煽るつもりはなかったのですが、そのように感じられた方もいらっしゃたようなので補足します。

『・・・様々な意見があるのは承知しています』とお断りしたように、様々な意見がある中で熟考した結果、私たちはこのような考えの下、もの作りをしていますという意志表明に過ぎません。

それ以外の研究結果や考え方を否定するものではありません。

確かにトランス脂肪酸は、牛乳やバターなどにも微量ですが含まれます。

そして、やはり加熱によって増えることも事実です。

実際、バターを30分加熱し続けるとトランス脂肪酸は増えます。

しかしその量は、増えてもコーン油や大豆油の1/3程度です。

またサラダ油の摂取によって、コレステロール値が下がるというデータがあるのも事実です。

しかしこれらの調査を詳しく読むと、実験は数週間から数か月の観察結果がほとんどです。

5年、10年と長期に渡る調査ではないため、私たちは、”脂質が及ぼす細胞レベルの影響”の論拠としては弱いと判断した次第です。

特に、神経細胞への影響に対する評価は、慎重であるべきだと考えています。

なぜなら、皮膚や内臓の粘膜・筋肉などの細胞は、古くなったり損傷した場合、作り変えることができます。

家に例えれば、建て替えが可能なのです。

よくお肌のターンオーバーは約1か月とか、赤血球は120日で入れ替わると言われるのは、建て替え可能な細胞であるということです。

ところが、神経細胞はワンサイクルが120年と言われています。

『人間は120才まで生きられる』と言われているのは、この神経細胞の推定寿命が根拠になっていると思われます。

つまり、生きている限り、作り変えられる可能性はなく、常に細胞内の材料をリサイクルして活動しているのです。

家に例えれば、常時リフォーム物件です。

そもそもトランス脂肪酸が問題視される理由の一つに、『体内で分解しにくい』というのがあります。

分解しにくい分解できないとイコールではありません。

言い方を変えれば、”少しなら分解できる”ということです。

体の声を代弁するなら

『ちょっと珍しい型の脂質であるトランス脂肪酸は昔から摂取していたから、それを分解する対応力は作ってある。でもこんなに大量入ってきたことがないから、処理しきれなくて困っている』という感じでしょうか。

もちろん、将来的にトランス脂肪酸の分解を強力にアシストする腸内細菌や代謝酵素が出てくる可能性が絶対ないとも言い切れません。

しかし生物の進化のスピードを考えると、まず自分・子供・孫くらいの世代では間に合わないでしょう。

今私たちに出来ることは、極力摂取量を少なくすることだと思います。

#シニア犬 #手作り食 #栄養素 #ペットフード #青い森工房 #春夏秋冬 #食餌悩み #犬

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで