新日本昔話 りんごろう


むか~し昔、ある所にりんごろうという勇敢な若者がおりました。

ある日のこと「山から鬼が下りてきた!」という村人の話を聞きつけ、鬼退治に立ち上がりました。

「村の平和を守るため、私が成敗してくれる!」

はやる気持ちを抑えながら険しい道を歩いていると、北の方から北限のサルがやってきました。

「りんごろうさん、どこへ行くのですか?」

「鬼退治です!」

「それは大変だ。りんごろうさんのお腰につけた筋子のおむすびを、一つくれたら家来になります」

「それはありがたい。それではおむすびを一つあげよう」

北限のサルがおむすびを頬張っていると、東の方からウミネコが飛んできました。

「りんごろうさん、どこへお出かけですか?」

「北限のサルを家来に、鬼退治へ行くところです」

「それは大変だ。私は空が飛べるので、きっとお役に立てると思います。家来にしてくれませんか?」

「それはありがたい。それでは今朝揚がったばかりのイワシを一つあげよう」

りんごろうがイワシを投げると、ウミネコは見事な空中キャッチを見せました。

「ほほう・・これは素晴らしい」

しばらく歩いていると、今度は西の方から毛がわさわさした大きな白い犬が現れました。

「りんごろうさん、いづこへ?」

「北限のサルと東のウミネコを家来に、鬼退治へ向かうところです」

「それは面白い。そのお腰に挿してある棒ダラを一本くれたら、私も家来になろう」

こうして3匹の家来を引き連れたりんごろうは、鬼がいる村までたどり着きました。