まさおくん


今日11月1日は犬の日だそうです。

そして少し前になりますが、9月20日~26日は動物愛護週間でした。

よりによってその時期に愛護センター行きになる老犬がいました。

年齢的には”老犬”ですが、元気いっぱいで、お散歩が大好きです。

排水溝や水たまりを軽々と飛び越え、調子が出てくると「走る?」と目で合図を送ってきます。

実はこのアイコンタクトは最初からではありません。

最初は『俺のタイミングで走る!』『俺の好きな方向に歩く!』という”オレ様”わんこでした。

しかしこれは、犬・人両者にとって大変危険な散歩となります。

例え小型犬でも、急に方向を変えたり、走り出したりすると、転倒や交通事故の危険もあります。

丁度”交通安全週間”とも重なっていましたので、まず最初に『散歩安全週間』となりました。

本名がはっきりしないので、様々な音感の名前で適当に呼んでみました。

すると「マー君」と呼んだ時に、顔を上げて目が合ったのです。

「なんだよ、しつこいな・・」と思って偶然顔を上げただけかもしれません。

あるいは何か聞きなれた言葉に近い響きがあったので「何?」と反応したのかもしれません。

しかし本犬にとっては、嫌な響きではなかったようで、「マー君」と呼ぶたび目が合う回数が増えました。

というわけで、普通は『本名⇒愛称』となりますが、”マー君”は『愛称⇒本名』という異例の経緯を辿りました。

ご縁とは不思議なもので、毎日同じ職場や学校にいても話す機会がなく、そのコミュニティーを離れたら一生会わないことも多々あるでしょう。

また喧嘩したわけでもないのに、なんとなく疎遠になる場合もあります。

しかしどんなに遠くに引っ越しても続く間柄