お菓子とマヨネーズ


お菓子作りが得意な友人がいます。

小麦粉・バター・卵・砂糖・・・おおまかな材料はいつもそんな感じなのに、出来上がるとクッキーだったり、マドレーヌだったり色々です。

用意される材料は同じでも、合わせる順番やオーブンの温度で違うものになるから面白いです。

卵ひとつとっても、全卵をそのまま泡だて器で牛乳と合わせていく時もあれば、卵白だけ先に泡立てて使ったり・・・。

お菓子も分量や手順が重要ですが、マヨネーズも難しい(と思うのは私だけでしょうか?)

卵黄・酢・油にせいぜい塩・胡椒という極めてシンプルな材料です。

卵の温度や、酢との混ぜ方に失敗すると、油を加えた時に分離してしまいます。

一度分離してしまったら、もうマヨネーズにはなりません。

パセリや各種ハーブかなんかを入れて、”オリジナルドレッシング”ということにします。(マヨネーズ作りに失敗したことは内緒です)

このようにちょっとした温度や手順の重要さは、ペットフード作りにも共通したものがあります。

材料一つ一つの特性を最大限に生かすには、温度管理から混ぜる順番などいくつものコツが必要です。

机上計算で『これで栄養素は完璧!』と思っても、その材料一覧と配合バランスを現場に伝えただけでは、形にはなりません。

そこに長年の経験と技術を持った人たちがいないと、マヨネーズではなく”オリジナルドレッシング”にしかならないのです。

これは製薬の現場でも同じだそうで、研究者から『はい、この配合で作って下さい』と指示されても、どの物質をどの順番で混ぜていくかは現場の技術者が決めていきます。

例えば、Aという物質にBを混ぜていくのか。

BにAを混ぜていくのか。

こんな単純なことでも、結果が全く違ってきます。

そしてテスト的に少量で作った時はうまく行っても、機械を使って大量生産に入ると同じような結果になるとは限らないとのこと。

そうすると、今度はその機械を製作する技術者が”いかに求められる品質を安定的に、かつ大量に作れるか”ということに挑みます。

お菓子から薬まで、普段何気なく口にしている物は、多くの職人技で支えられています。

#犬 #青い森工房 #春夏秋冬

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで