究極の猫


春日大社(奈良県)が所蔵し、国宝に指定されている平安時代の太刀。

その金具部分(ツバや柄)に純金が使われていたことが判明しました。

これまでは金メッキと思われていたのですが、X線やCTスキャンなどで分析した結果、22~23金であるとのこと。

日本では弥生時代から鉄器や青銅器が作られていましたので、鉱石から金属を分離させるノウハウはあったようです。

しかし金や銀など”貴金属”といわれる金属類を分ける方法は、現代でも純度の高いメチルアルコール等など多くの化学薬品を使います。

金属は1000℃以上にならないと溶けないものが多いので、まずその温度に耐えられる容器がないと溶かしようがありません。

その上、コンピューター制御で温度管理をする炉があったわけでもないのに、融点が違う金属をどうやって判別していたのでしょうか。

先人の知恵と技術に尊敬の念を禁じ得ません。

純度の高い金を抽出する技術と、それを加工・彫金する職人さん達の力を結集した1000年前の一振りの太刀。

太刀とはいえ、儀式用に使われていたもので、鞘には琥珀やガラスをはめ込み、夜光貝を使用した螺鈿細工、金粉なども散らして、竹林の雀を追う猫が美しく描かれています。

これだけ贅沢な太刀を奉納するのは、それなりの身分の人であったと思われますが、誰だか分かっていません。

春日大社と縁があった摂関家・藤原頼長ではないかという説もあります。

頼長は子供の頃から猫が大好きだったからです。

猫が好きすぎて、神様へ究極の猫を奉納したのかもしれませんね。

この太刀は、春日大社国宝殿にて2016年10月1日~31日まで見ることができます。

秋の大和路、奈良公園の鹿さんだけでなく、究極の猫に会いに行きたくなりました。

#猫 #春夏秋冬 #青い森工房

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで