ヒバコ&犬吉のイカリ新党2


船のイカリを下して、ちょっと落ち着いて話しましょうという新コーナーです。

決して、人気深夜番組のパクリじゃありませんよ。

こんばんわ。

司会・進行の鳥目です。

今日のテーマは『なぜそこに猫はいなかったのか?』です。

ヒバコ:”そこに”って、どこに?

鳥目:例えば干支ですかね。

犬吉:あ~、確かにね。でもあれじゃない?猫派の年賀状は毎年猫年だから、あえて猫年作らなくてもいいんじゃない?

ヒバコ:それを言うなら、犬派の年賀状だって毎年戌年じゃない?

犬吉:あとさ、舞浜方面のテーマパークファンは、毎年子年とかね。

ヒバコ:あそこも最近まで、猫キャラいなかったわよね。やっぱりネズミにとって私はタブー?

犬吉:ネズミって言っちゃダメ。ミッ○ーさんだから。

ヒバコ:あなたはいいわよね。ミッ○ーさんにすごく可愛がられているから。

鳥目:あと、桃太郎の家来に猫がいませんね。

犬吉:あれだけ掛け軸とか、浮世絵にも日本猫が描かれているのにね。

ヒバコ:もしかしたら、桃太郎さんにお誘いを受けたかもしれないわよ。だけど、その時はきっとそんな気分じゃなかったのよの。

犬吉:だいたい家来なんかになるキャラじゃないよね。

ヒバコ:あらっ!そんなことありませんよ。皆さんと仲良く、まったりするのは大好きだもの。

犬吉:まったりするのは好きでも、協力して鬼と闘うとか、鬼が島から持ち帰った宝を一緒に運ぶの手伝える?

ヒバコ:無理ね。戦闘中は高みの見物。帰りは荷台に宝物と一緒に乗っちゃうわ。

鳥目:『なぜそこに猫はいなかったのか?』ではなく『猫はそこに居たくなかった』ということですかね。

ヒバコ&犬吉、鳥目の鋭い指摘に黙る。。。。。

#ヒバコ #春夏秋冬 #青い森工房

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜日~金曜日:10時~17時

土曜日:10時~13時(日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで