栄養素と免疫(ミネラル編)


酸素65% 炭素18% 水素10% 窒素3%

これ一体何の成分でしょう?

ヒントは酸素(O2)65%+水素(H)10%=75%

某スポーツドリンクのCMで『○○の70%は水で出来ている』と言っていました。

そう体の組成です。

上記四つの元素で約96%を占めています。

残り4%のうち1.5%がカルシウム、1%がリンです。

そして最後の1.5%に28種ほどの元素がひしめいています。

この1.5%の中でも、比較的高い比率を占めるグループに、ナトリウム・カリウム・マグネシウム・硫黄などおなじみのメンツがいます。

次の比率のグループには、鉄や亜鉛・銅・マンガン・フッ素、そしてストロンチウム・ルビジウムといった「そんなものが、体内にあるの?!」とちょっと驚くようなメンツもいます。

ストロンチウムはカルシウムと同じアルカリ土類金属で、打ち上げ花火の赤い部分です。

赤でも、大変鮮やかな発色であるところを買われて、車に常備される発煙筒にも使われています。

ルビジウムはアルカリ金属ですが、これも割と身近な存在で、例えばTVやラジオから聞こえる時報。あれはルビジウムのエネルギー変化を利用した原子時計で刻んでいる「ピ・ピ・ピ・ポ~ン!」です。

どちらも放射性のものは扱いが難しいですが、そうでないものは体内に存在してます。

さらにごくごく微量元素のグループに