タウリン考vol.3


タウリンが哺乳類の目に多く存在していることは、かなり前から学者の間では知られていました。

ところが、タウリン不足が猫の失明の原因と判明したのは割と最近で、1975年のことです。

これは、アメリカでドッグフードが普及し始め、それを猫にも食べさせていた家で、失明やある種の心臓病が続出したのが研究のきっかけでした。

実は猫もごくわずかですが、人間や犬と同様肝臓などで生合成しているのでは・・という説もあります。

ただどちらにしろ、必要量を満たすほどの量ではありません。

タウリンが不足すると、網膜の光を感じる細胞が死んでしまいます。

心臓の筋肉で不足すると、やはり細胞が損傷して、心筋の弾力がなくなります。そうすると拡張型心筋症という病気を招くことがあります。

また最新の研究では、タウリンが脳内で神経伝達機能を持つことが分かってきました。

まだ試験管レベルでの話ですが、アルツハイマー型認知症の予防薬になる可能性が出てきました。

認知症については、もう一つ興味深い研究があります。

それは、人は認知症になると脳の一部が萎縮してきます。(萎縮が起こって認知症状が出てくるとも言えますが)

ところが、犬や猿では認知症状が出ても、その部分に萎縮は起こりません。

やはり人の脳は、進化の頂点にあるから特殊なのか?

・・・と思われましたが、数年前に、猫では人と同じ部分に萎縮が起こることが判明したのです。

またタウリン不足で失明した猫と、網膜色素変性症の人の網膜の損傷具合が酷似していることも分かっています。

意外や意外、人と猫の間に次々と重要な共通点が見えてきました。

タウリンは全身に専用の吸い上げスポイト(タウリン・トランスポーター⇒詳しくはこちら)を持ち、網膜や心筋・脳を始め、必要としている組織に滞りなく届くよう、万全のシステムが構築されています。

しかし、生合成しているのは肝臓のみ(妊娠中は胎盤でも生合成します)。

もし肝臓に何らかのダメージ(持病、疲労、感染症など)があった場合、一時的に生合成能力が落ちることも考えられます。

本来なら十分な生合成能力を持つ人や犬でも、そんな緊急時のバックアップとして、小腸にもタウリン・トランスポーターを整備したのでしょう。

生合成しないで、手っ取り早く消化された食べ物から吸い上げる・・・。

本当に体の仕組みはすごいですね。

驚きと共に、長く一緒にすごしてきたパートナー達が、『私たちの健康を守るヒントを示してくれている』と感謝とも尊敬とも言えない不思議な気持ちになり、今日も毛むくじゃらの体をモシャモシャ、なでなでしています。

#アミノ酸 #タウリン #犬 #猫 #春夏秋冬

株式会社青い森工房 ペット事業部

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-15-9

TEL:03-3861-6011 

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談を一時休止しております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

旬の果物を楽しもう!

​水が美味しくなる不思議な器

​最新医療から鍼治療と漢方まで