COVID-19探知犬求む!



犬の鼻が人を救う!!

犬の嗅覚が行方不明者の捜索、犯人追跡、空港での不法持込み物の探索・・・など日々私たちの生活、安全を守るために大活躍しています。



さらには人間の体から発せられるごく微量匂い成分を探知し、血糖値の変化やてんかん発作の予兆を知らせてくれる補助犬もいます。




その他ガン、マラリアなどの感染症など、疾病別にその特徴的な匂いを覚えさせ、探知させる訓練をしている団体がイギリスにあります。



新型コロナウィルス探知は可能か?

この団体はメディカル・ディテクション・ドッグス(Medical Detection Dogs)という慈善団体で、ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院、そしてダラム大学とも協力して研究を始めたとの報道がありました。(2020年3月27日AFP=時事通信)




こちらの団体は、これまでもガンやパーキンソン病、細菌感染症などを特定するよう、犬に訓練をしてきた実績があります。



犬による探知は、呼気に含まれるその疾患独特の臭気をキャッチする検査方法なので、体の負担が少なく、かつ短時間で識別が可能です。



もちろん確定診断には、血液検査やCT、PCR検査などが必要になるとは思いますが、無症状の人を含め初期診断が可能になれば、かなり検査効率が上がると思われます。