歴史は語る~感染症と漢方薬から分かること



世界史の真っ只中にいる私たち

ヨーロッパでかつて蔓延したペストについて書かれた書物が、注目を浴びていますが、今私たちも50年後、100年後の教科書に掲載されるであろう状況の中にあります。



日本の歴史を見ても、戦役と感染症(日本ではコレラや赤痢が多かったでしょう)は、当時の社会、文化、そして政治さえ作ってきたように見えます。



疫病から守ってくれるアマビエ様が、現代において全国的に広まっているなど、一年前の私たちは想像できたでしょうか。



もし一年前、アマビエ様の話を聞いたら

「昔は抗生物質も抗ウィルス薬もなかったからね。こういうものに頼るしかなかったんだから、大変だったよね」

くらいにしか思わなかったかもしれません。




スペイン風邪の教訓

感染症の歴史を学ぶ上で、スペイン風邪は避けて通れません。


”スペイン風邪”というスペインにとって不名誉なネーミングが成されていますが、実はスペインで発生した感染症ではありません。



正体は当時の『新型インフルエンザ』だったのですが、先に流行したヨーロッパ各国は戦争中で、感染の拡大を秘匿していたのです。


しかしスペインだけは戦争に参加しておらず、未知の感染症の状況が世界に発信されることとなってしまいました。




当然日本の医療者にもその情報は届いていましたが、当時の資料に

「布製のマスクでは感染を防げない」

と新しい感染症に恐れを抱いている様子が伺えます。