ワクチンを今一度考える~役に立つ副作用



狂犬病ワクチンはお済ですか?

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により多くの獣医師会で、例年公園などで行われている狂犬病の集団接種を中止しています。



集団接種は中止でも、ワクチン接種そのものが中止になったわけではないので、お近くの動物病院で接種して下さいね。



動物病院で接種すると高い!と思われている方もいらっしゃいますが注射代は同じです。


これまで証明書を持って行って役所で交付されていた注射済証も、動物病院で同時に手続きしてもらえるので、外出自粛の中大変助かります。


もっとも、狂犬病の予防接種は”不要不急”ではなく、むしろ”必要かつできるだけ早急に”に分類される行動です。



なぜならワクチンは、その病気だけでなく他の疾病の防御につながることもあるからです。


ワクチンは不要?危険?

新型コロナウィルスについて、連日ワクチンや治療薬の開発について報道されています。どんなに良いワクチン、薬にもメリットとデメリットがあります。



このブログでも抗生物質の使いすぎによる弊害やワクチンの良い面、問題点などを取り上げてきましたが、決してワクチン不要論者でもないし、積極推進派でもありません。



ワクチンや抗生物質が、人や多くの動物の命を救ってきたのは否定しようのない事実です。

一方で重大な副反応で不幸な結果になるケースも承知しています。



そのため接種したくても接種できない方(動物)がいます。