ワクチンを今一度考える~役に立つ副作用



狂犬病ワクチンはお済ですか?

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により多くの獣医師会で、例年公園などで行われている狂犬病の集団接種を中止しています。



集団接種は中止でも、ワクチン接種そのものが中止になったわけではないので、お近くの動物病院で接種して下さいね。



動物病院で接種すると高い!と思われている方もいらっしゃいますが注射代は同じです。


これまで証明書を持って行って役所で交付されていた注射済証も、動物病院で同時に手続きしてもらえるので、外出自粛の中大変助かります。


もっとも、狂犬病の予防接種は”不要不急”ではなく、むしろ”必要かつできるだけ早急に”に分類される行動です。



なぜならワクチンは、その病気だけでなく他の疾病の防御につながることもあるからです。


ワクチンは不要?危険?

新型コロナウィルスについて、連日ワクチンや治療薬の開発について報道されています。どんなに良いワクチン、薬にもメリットとデメリットがあります。



このブログでも抗生物質の使いすぎによる弊害やワクチンの良い面、問題点などを取り上げてきましたが、決してワクチン不要論者でもないし、積極推進派でもありません。



ワクチンや抗生物質が、人や多くの動物の命を救ってきたのは否定しようのない事実です。

一方で重大な副反応で不幸な結果になるケースも承知しています。



そのため接種したくても接種できない方(動物)がいます。



そういう方たちが肩身の狭い思いをしているのに接することがありますが、これは現在最前線にいる医療従事者に対する心ない言葉や対応と同じです。自分本位で想像力の欠如した思考の蔓延・・・ウィルスの蔓延と同じくらい衝撃です。



天然痘を撲滅し、現在はポリオ根絶を目指すワクチン

日本で、怪我がきっかけで破傷風になることが少ないのは、ワクチン接種のお陰です。

(一部接種していない高齢世代では、未だ破傷風になることがあります)



「今時、破傷風やジフテリア、ポリオにかかったなんていう話は聞かない。それなのに未だにワクチン打っているなんて・・」

という方もいますが、それはワクチン接種しているからで、接種を中止にしたら、ジフテリアなどは数年のうちに流行するかもしれません。



また新型コロナウィルスの感染率に関して、BCG(弱毒結核菌ワクチン)の接種との関連性が指摘されています。



つまりワクチンというのは本来、ピンポイントでウィルスや菌に対して抵抗力を作るために接種するものですが、実際生体内でどんな備えをするのか完全には分かっていません。



今回もまだ仮説の段階ですが、BCGで作られた抗体のお陰で、感染率が低い、または死亡率が低いのではないのか・・・と言われています。



こういったことは治療薬でも同様で、抗インフルエンザ薬アビガンや抗エボラウィルス薬レムデシビルが有力候補に挙がっています。




どちらも抗ウィルス薬ですが、全てのウィルスに効くわけではありません。

狙った細菌に有効な抗生物質を選ばないと効かないのと同じです。


また狙っていない、有用な腸内細菌まで減らしてしまうのは”副作用”の一つになります。



しかし今回、アビガンなどが新型コロナウィルスにも有効となれば、その薬剤の”副作用”の部分を使うとも言えます。(狙ったウィルス以外のものに作用するわけですから)



副作用というのは普段敬遠されるものですが、見方を変えると実は多くの可能性にも見えてきます。



もうすぐフィラリア薬の投与時期になりますが、この主成分であるイベルメクチンも抗ウィルス薬候補に挙がっています。



ご存じのように駆虫薬ですが、この成分は土中の放線菌が作り出す成分が元となっています。


この薬は、無脊椎動物の神経細胞等に浸透しやすい独特のチャンネルを持っています。


このチャンネルは哺乳類にはないので、

薬が入っていかない→寄生虫だけに作用して動物の体には影響しない

という優れた薬効を発揮します。



また近年の研究で、ミトコンドリの呼吸阻害や血管新生の阻害効果が認められ、新たな抗がん剤候補にも挙がっています。


すでに動物実験では、抗腫瘍効果が見られたという報告もあり、今後の研究に期待大です。参照論文:The multitargeted drug ivermectin: from an antiparasitic agent to a repositioned cancer drug Am J Cancer Res. 2018; 8(2): 317–331.



関連ブログ⇒土の匂い



 #狂犬病 #青い森工房 #犬 #健康 #ウィルス #ワクチン #フィラリア #イベルメクチン #感染症 #春夏秋冬


株式会社青い森工房 ペット事業部

〒030-0132 青森県青森市横内亀井20

TEL:017-764-6858

 

東京事務所

TEL:03-3861-6011

月曜、火曜、木曜、金曜:10時~17時

土曜日:10時~13時(水・日祝休み)

※現在お電話での相談は予約制となっております。また問い合わせ電話が混み合っている場合は、数コール後自動的に留守番電話に切り替わります。

恐れ入りますが、出来るだけメールにてお問い合わせ頂けますようお願申し上げます。

​E-mail: info@aoimoristudio.com

(製造工場)

株式会社春夏秋冬ファクトリー

〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字大沢29番地129

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

青森県農林水産部へ弊社商品が

青森県産の食材を使用し、同県内で製造している旨の資料を提出し、県産品PR用ロゴ使用申請を行ったところ、正式に受理されました。

オリーブオイルソムリエのいるお店

​油のことならお任せ!

​人とペットをつなぎ、幸せを運ぶ

ペットライフを目指すなら!

​水が美味しくなる不思議な器

旬の果物を楽しもう!

​母娘で温かく迎えてくれるお店

アレルギーや健康を気遣う方に

​自家焙煎珈琲と

オリジナルスイーツなら

​最新医療から鍼治療と漢方まで