ネココロナウィルスが原因の猫伝染性腹膜炎~ワクチンがまだ出来ない理由


予防・治療が難しい猫伝染腹膜炎(FIPV)

猫が罹る病気の中でも、予防や治療の難しさはトップ3に入ると思います。



しかし慢性腎炎のように、哺乳類の中でもなぜこれほど猫が罹りやすいのか・・など発病のメカニズムが明確に解明されていない病気ではありません。



原因はネココロナウィルスだと分かっているのにも関わらず、未だにワクチンも特効薬も完成していません。



ただでさえ子猫の生育率は、仔犬に比べても低く、無事成猫になるハードルの一つとしてこの腹膜炎も一つの壁と言っても過言ではないでしょう。


せめてワクチンか、有効な治療薬が出てくれば・・と思っていますが、このウィルス独特の性質がそれを大きく阻むことになっています。


生ワクチンと不活化ワクチンの違い

現在使用されているワクチンのタイプは、大きく分けるとこの二つです。

(厳密に分けるとさらに細分化されますが)



生ワクチンは、病原体となる細菌やウィルスを弱毒化したものです。


病原体を弱らせただけで、まだ生きているので”生”なのです。

BCGやMR(麻疹風疹混合)、ポリオ、おたふくかぜ、水痘のワクチンなどはこのタイプです。

犬猫の混合ワクチンでも、一部この生ワクチンタイプがあります。