ストロイドは怖い?~真菌症とステロイドの関係


インドで急拡大している真菌症

新型コロナウィルスの変異株が猛威をふるっているインドから、気になる情報が入ってきました。



感染から回復した人が、接合菌(ムコール目)による真菌感染症を発症しているというのです。

そもそも感染症から回復した直後は、免疫力が下がっており油断は禁物です。



また今回、問題となっている真菌とはいわゆるカビのことなので、普通に空気中に漂っています。

日本はこれから梅雨に入りますので、締め切った室内でカビをゼロにするのは現実的に難しいでしょう。


犬も猫もカビ=真菌が原因となる皮膚炎は梅雨時に増える傾向にあります。

人間の真菌・・・例えば水虫の原因になる白癬菌が犬や猫にうつるケースもあります。



また室内に浮遊するカビでアレルギーを起こすこともあります。


対策としてはマットやラグ、タオル類などをこまめに洗い、お天気の良い日は太陽に干すことが大切ですが、普段の免疫力も重要です。


真菌感染症としては4番目の多さ

真菌症として有名なのは、アスペルギルス症やカンジタ症、そしてクリプトコッカス症。

参照ブログ⇒マラセチアやカンジタが悪いのか



カンジタ症やクリプトコッカス症は犬猫でもおなじみの真菌感染症です。

そしてムコール症はそれに次いで多い真菌症です。



ただ空気中に常在する真菌による感染症に健康な人がかかることはあまりなく、白血病や骨髄移植を受けた後、かなり重度の糖尿病など持病がある方にリスクが高い感染症です。